東証、一進一退の展開 米利上げ警戒、買い戻しも

産経ニュース
東京証券取引所=東京都中央区(鴨志田拓海撮影)
東京証券取引所=東京都中央区(鴨志田拓海撮影)

13日午前の東京株式市場の日経平均株価(225種)は、前日終値を挟んで一進一退の展開となった。米連邦準備制度理事会(FRB)による急ピッチでの利上げが継続することへの警戒感が重荷となる一方、直近の下落で値ごろ感の出た銘柄には買い注文が入り、相場を支えた。

午前10時現在は前日終値比47円66銭安の2万6349円17銭。東証株価指数(TOPIX)は6・18ポイント安の1862・82。

前日の米ダウ工業株30種平均は小幅反落し、ハイテク株主体のナスダック総合指数も6営業日続落した。9月の米卸売物価指数の上昇率が市場予想より大きく、FRBによる大幅利上げ継続が改めて意識された。

13日の東京市場もこの流れを引き継ぎ、投資家にリスク回避の姿勢が見られた。ただ直近の3営業日で平均株価が計900円超値下がりしており、買い戻しの動きもあった。

  1. ロシア軍〝弾切れ〟目前 年明けにも備蓄尽き…ウクライナに全土奪還される可能性 イランや北朝鮮からの供与なく軍の士気低下も

  2. NHK「舞いあがれ!」第19週、インサイダー疑惑の悠人(横山裕)「倒れた!」朝ドラファン悲鳴…貴司(赤楚衛二)を尋ね秋月史子(八木莉可子)登場

  3. 独占・スシロー「湯呑みペロペロ」高校生の父親が涙の謝罪 「本人はものすごく反省しています」「動画撮影はしていない」

  4. NHK朝ドラ「舞いあがれ!」久留美(山下美月)の破局に「別れて正解」「悠人と幸せになってください」

  5. 熊本県ならどの家庭にもくまモン1匹はいる?「水ダウ」企画に反響「ガチわかる」「いない方が珍しい」