「全国旅行支援」スタートもツイッターで「便乗値上げ」トレンド入り…「値上げえげつない」「観光業潤うのに問題ある?」と賛否

イザ!
外国人観光客の姿も目立つ京都の観光名所、清水寺周辺=9月、京都市東山区(渡辺恭晃撮影)
外国人観光客の姿も目立つ京都の観光名所、清水寺周辺=9月、京都市東山区(渡辺恭晃撮影)

新型コロナウイルスの水際対策の緩和と合わせて、政府の観光支援策「全国旅行支援」が11日から始まった。一部の旅行サイトで売り切れが相次ぐなか、宿泊料金を大幅に値上げするホテルなども現れ、ネットで大きな話題になっている。13日、ツイッターでは「便乗値上げ」というワードがトレンド入りし、さまざまな意見が飛び交っている。

新型コロナで落ち込んだ観光産業を元気にするため、12月下旬まで実施する事業で、参加する旅行会社の店頭やホームページなどから国内旅行を申し込めば、交通費を含む旅行代金の40%(上限8千円)が割り引かれた上に、旅先で使える使える地域クーポン(平日3000円/泊、休日1000円/泊)も支給される。

今月10日まで実施されてきた「県民割」よりも、割引などが大きいことから、開始当日、予約サイトにはアクセスが集中。当日に予算上に達し、一部の受付を停止する予約サイトもあった。13日現在も、一部でつながらないところもあり、混乱はなお続いている。

こうした混乱のなかで、ネットでは「ホテル 値上げ」「便乗値上げ」が話題となっている。「旅割はいいけど値上げしてるホテル多すぎでは?」「8万円台だったとこすら12万円とかになってて便乗値上げえげつない」「ホテル側が割引を見込んだ割り増し価格で売ってるから実質かなりの値上げなんだが」といった声が相次いでいる。「割引分以上値上げされててこっからしたら普段とかわらなくて草」と実施の意味を問う声や「ビジネスホテルの便乗値上げ、早急になんとかしろ!」といった怒号のような書き込みもあった。

不満の声が上がる一方で、理解を示す人も多い。「需要が高くなってるなら価格上げるのは当然でしょうが 打撃を受けた観光業が潤うのになんの問題がある?」「支援先は観光産業なので、消費者が補助金丸取りできるとおもってる方が間違ってないか?」といった声があり、「オリンピック期間のホテル3倍近くなってました」とつぶやく人もいた。

  1. NHK「舞いあがれ!」雪乃さん(くわばたりえ)の名言に朝ドラファン爆笑「冴えわたってんなぁw」「平安時代w」

  2. Wi-Fiルーターは暖房のついた部屋へ「知らんかった…」大寒波襲来を受けたバッファローの注意喚起が話題に

  3. NHK朝ドラ「舞いあがれ!」1月27日OA第81話あらすじ 飛行機部品の圧造に成功、笠巻(古舘寛治)は転造での秘策を匂わす

  4. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  5. 赤楚衛二の「ふと、僕の下の名前がセイジだったら…」にファン爆笑「仕事中に笑わせないで」「座布団2枚w」

twitterプレゼントキャンペーン

twitterプレゼントキャンペーン