米空母が再び日本海へ、米韓はミサイル4発で対抗 北朝鮮は「沈黙」

産経ニュース
5日、米韓両軍が日本海へ発射した戦術地対地ミサイル(韓国軍合同参謀本部提供、共同)
5日、米韓両軍が日本海へ発射した戦術地対地ミサイル(韓国軍合同参謀本部提供、共同)

【ソウル=桜井紀雄】北朝鮮が4日に日本上空を通過する弾道ミサイルを発射したことを受け、米韓両軍は5日未明、対抗措置として、日本海に向けて地対地ミサイル4発を発射した。9月下旬の米韓合同演習に参加していた米原子力空母「ロナルド・レーガン」が再び日本海に展開するなど、米韓は挑発の水準を高めつつある北朝鮮への軍事的圧力を強めている。

米韓両軍が発射したのは戦術地対地ミサイル「ATACMS(エイタクムス)」。韓国軍は「北朝鮮がいかなる場所から挑発しても、挑発拠点を無力化できる能力と態勢を備えていることを示した」と強調した。韓国軍は別の弾道ミサイルも発射したが、基地内に落下する事故が起きた。人的被害はなかった。

米韓両軍は4日にも戦闘機による編隊飛行や爆撃訓練を実施した。

オースティン米国防長官と韓国の李鐘燮(イ・ジョンソプ)国防相は4日の電話会談で対北連携を確認。続いて米韓の軍制服組トップ同士も5日に電話会談し、北朝鮮の軍事的脅威に対応するため、日米韓3カ国の安全保障協力が必要だとの認識で一致した。

国連は北朝鮮のミサイル発射への対応を協議する安全保障理事会の緊急会合を5日(日本時間6日)に開く。米国が要請した。

一方、北朝鮮メディアは5日夕現在、4日のミサイル発射を報じていない。5月以降の一連の弾道ミサイル発射についても伝えておらず、日常的な発射実験や訓練の一環にすぎないと印象付ける狙いもありそうだ。

  1. 【虎のソナタ】思わぬ大物が阪神へ移籍してくるかも 12・9現役ドラフトは大注目

  2. NHK朝ドラ「舞いあがれ!」柏木学生(目黒蓮)「お前のこと…」に続く言葉は?ネット大喜利化「ゴメン、やっぱり紬(川口春奈)が好き」

  3. 「水ダウ」クロちゃん企画、“本物”美女が脱落に 衝撃走る「ちょっと泣いてしまったw」「仕掛け人だと思ってた」

  4. 日本の歴史的勝利に海外ファン「まったく驚かない」「ベルギーを追い詰めたことを忘れたのか?」

  5. 野菜のプロ直伝「おでんの大根 一瞬で味を染み込ませる方法」に「いいね」続々「これ本当に一撃で味が染みる!」