泉氏異例の「議長に質問」首相も挑発「からっキシダ」

産経ニュース
衆院本会議で細田博之衆院議長(左)に対し代表質問する立憲民主党の泉健太代表=5日午後、国会・衆院本会議場(矢島康弘撮影)
衆院本会議で細田博之衆院議長(左)に対し代表質問する立憲民主党の泉健太代表=5日午後、国会・衆院本会議場(矢島康弘撮影)

立憲民主党の泉健太代表は5日、衆院本会議の代表質問で、世界平和統一家庭連合(旧統一教会)問題をめぐり、岸田文雄政権への追及を強めた。首相だけでなく、旧統一教会との接点を認めた細田博之衆院議長にも質問を投げかける「らしくない」(野党幹部)パフォーマンスも織り交ぜ、対決姿勢を鮮明にした。

「もっと真相を語るべきです。答弁していただけませんか。できないならしぐさで応えていただきたい」

泉氏は壇上で、体をよじって真後ろ上方の議長席に顔を向け、細田氏に質問を投げかけた。代表質問で議長に答弁を求めるのは極めて異例だが、泉氏は繰り返し答弁を促した。

与野党からヤジが乱れ飛ぶ中、細田氏は仏頂面で無言を貫いたが、「議院運営委員会で質問に応じてほしい」との質問には、わずかに顎を動かして応答。泉氏は「多少、態度を示していただいたようにも見える」と勝ち誇った。

泉氏は返す刀で山際大志郎経済再生担当相も糾弾した。「(旧)統一教会の最高指導者と面会しながら事実をひた隠し、判明したら弁明を繰り返す閣僚がいる」と語気を強め、首相に山際氏の更迭を要求した。

先の通常国会で、泉氏が掲げた「提案型」は迫力不足と党内から批判された。今回目指すのは提案と追及の両立だ。この日も旧統一教会問題だけでなく、経済や少子化対策などで政策提案を首相に投げかけ、回答を迫った。党中堅は「内閣支持率を下げるのは安住淳国対委員長らの仕事。党支持率を上げるのは泉氏の仕事だ」と語る。

政策提案の数は、昨年末の臨時国会の代表質問では17項目だったが、今回はそれを上回る18項目。質疑では「私が首相なら…」とも繰り返し、政権担当能力をアピールした。

ただ、提案に対する首相の答弁は具体性を欠き、手応えはいまひとつ。憤懣(ふんまん)やるかたない泉氏は終了後、「いろいろ水を向けたが、ゼロ回答だった」と記者団に指摘しつつ、得意げにこう語った。

「江戸っ子風に言うと、からっキシダ」

(大橋拓史)

  1. NHK朝ドラあすの「舞いあがれ!」12月6日OA第47話あらすじ 柏木(目黒蓮)は中間審査に無事合格、着陸にてこずった舞(福原遥)は…

  2. 野菜のプロ直伝「おでんの大根 一瞬で味を染み込ませる方法」に「いいね」続々「これ本当に一撃で味が染みる!」

  3. 【虎のソナタ】思わぬ大物が阪神へ移籍してくるかも 12・9現役ドラフトは大注目

  4. NHK「舞いあがれ!」サブタイ「別れ」は舞(福原遥)と柏木(目黒蓮)?朝ドラファン「水島学生?」「中澤学生かな?」

  5. 広瀬章人八段は4年ぶり竜王奪取ならず 藤井聡太竜王に敗れ「スコア以上に完敗だった」/将棋