サッカー天皇杯はJ2甲府と広島が決勝へ 鹿島は敗退

産経ニュース
鹿島を破り初の決勝進出を決め、喜ぶ甲府イレブン=カシマ
鹿島を破り初の決勝進出を決め、喜ぶ甲府イレブン=カシマ

サッカーの第102回天皇杯全日本選手権は5日、カシマスタジアムなどで準決勝2試合が行われ、決勝(16日、日産スタジアム)のカードは甲府―広島に決まった。

J2の甲府はJ1鹿島を1―0で破って初の決勝進出。前半に宮崎がゴールを奪い、無失点でしのいだ。J2のクラブが決勝に進むのは、山形が準優勝した94回大会以来。広島は延長の末に京都を2―1で振り切り、9大会ぶりに決勝へ進んだ。1―1で90分を終え、ベンカリファが勝ち越し点を挙げた。

  1. 野菜のプロ直伝「おでんの大根 一瞬で味を染み込ませる方法」に「いいね」続々「これ本当に一撃で味が染みる!」

  2. ヒロミ、すい臓がん早期発見検査発表会で「脾臓がないので気にしている」

  3. 【虎のソナタ】思わぬ大物が阪神へ移籍してくるかも 12・9現役ドラフトは大注目

  4. NHK朝ドラあすの「舞いあがれ!」12月1日OA第44話あらすじ 柏木(目黒蓮)が父親の話を始め…

  5. 61歳・エスパー伊東、認知症で老人ホーム生活 バラエティー番組の人気者の早すぎる余生 ホーム担当者「会話少なく…あまりいい状態ではない」