これで幕引き?テレ朝・玉川徹氏「謹慎10日」では終わらない 国葬弔辞めぐる「電通」発言問題 西田参院議員「政治的公平性を欠く番組」

ZAKZAK
西田氏もテレビ朝日の説明責任を指摘する
西田氏もテレビ朝日の説明責任を指摘する

テレビ朝日系の情報番組「羽鳥慎一モーニングショー」に出演する、同社社員でコメンテーターの玉川徹氏による「虚偽発言」問題で新展開だ。同社の篠塚浩社長は4日、玉川氏を「謹慎処分(出勤停止10日間)」の懲戒処分にしたと明らかにした。安倍晋三元首相の「国葬(国葬儀)」での菅義偉前首相の弔辞を「(広告大手)電通が入っている」と事実無根のコメントをしたことへのペナルティーだ。ただ、問題を徹底追及している自民党の西田昌司参院議員は「これでは問題は終わらない」と指摘した。

西田氏(写真)もテレビ朝日の説明責任を指摘する
西田氏(写真)もテレビ朝日の説明責任を指摘する

玉川氏は、国葬翌日(9月28日)の放送で、別項のような発言をし、29日の放送で謝罪した。

テレビ朝日は、玉川氏とともに、番組責任者の報道局情報番組センター長と、番組担当チーフプロデューサーの2人をけん責処分とした。

篠塚社長は「本人(玉川氏)によると、国葬のさまざまな情報を入手して調べ(その中で)誤解や事実誤認をしてしまった、と。本人は深く反省しております」「番組で事実に基づかない発言があったことは誠に遺憾。ご迷惑をおかけした関係者、視聴者の皆さまに改めておわび申し上げます」などと謝罪した。

番組司会者の羽鳥氏は5日の放送冒頭、一連の問題を謝罪したうえで、玉川氏が19日放送から復帰することを明らかにしたが、これで幕引きするつもりなのか。

前出の西田氏は「国民は、政治的に公平だという前提でテレビを視聴する。虚偽の情報を事実として伝えることは危険な『政治的偏向』だ。テレビ朝日は、玉川氏個人の事実誤認としているが、本当にそうか。組織として詳細な経緯を説明する責任がある」と語る。

  1. 野菜のプロ直伝「おでんの大根 一瞬で味を染み込ませる方法」に「いいね」続々「これ本当に一撃で味が染みる!」

  2. 【虎のソナタ】思わぬ大物が阪神へ移籍してくるかも 12・9現役ドラフトは大注目

  3. NHK朝ドラ「舞いあがれ!」柏木学生(目黒蓮)「お前のこと…」に続く言葉は?ネット大喜利化「ゴメン、やっぱり紬(川口春奈)が好き」

  4. 「水ダウ」クロちゃん企画、“本物”美女が脱落に 衝撃走る「ちょっと泣いてしまったw」「仕掛け人だと思ってた」

  5. 名脇役の斎藤洋介さんが死去 69歳、人知れずがんで闘病