甲府が鹿島撃破 J1を4連破で決勝進出 サッカー天皇杯

産経ニュース
試合に勝利し、サポーターに向かってよろこぶ甲府イレブン =カシマスタジアム(佐藤徳昭撮影)
試合に勝利し、サポーターに向かってよろこぶ甲府イレブン =カシマスタジアム(佐藤徳昭撮影)

5日に行われたサッカーの第102回天皇杯全日本選手権準決勝で、J2の甲府はJ1鹿島を1―0で破り初めて決勝に進出した。

甲府がまたも番狂わせを演じ、初の主要タイトル獲得に王手をかけた。敵地で国内随一の20冠を誇る鹿島に1-0で競り勝ち初の決勝へ。吉田監督は「プロとしてどこが相手でも勝たないといけない。(鹿島は)僕らが勝つと思っていなかったでしょうしうれしい」と充実感をにじませた。

見事な決勝点だった。押し込まれる展開が続いていた前半37分、宮崎が浦上のロングパスに合わせてDF裏に抜け出すと、1対1になったGKを冷静にかわして、チームに歓喜をもたらすゴールを流し込んだ。

チーム状況は最悪といってよかった。J2リーグでは6連敗中。ここ10試合勝ちがなく18位に低迷している。天皇杯では3回戦の札幌を皮切りに鳥栖、福岡、鹿島とJ1勢に4連勝して決勝の舞台をつかんだ。荒木は「(サポーターに)悲しい思いをさせてきた。喜びを分かち合えてうれしい」とほほ笑んだ。

J2勢の決勝進出は山形以来、8大会ぶり。殊勲の宮崎は「大舞台には強い方なので、決勝でも点を取りたい」と大舞台を見据えた。伏兵が、頂点まであと1勝に迫った。(奥山次郎)

  1. 野菜のプロ直伝「おでんの大根 一瞬で味を染み込ませる方法」に「いいね」続々「これ本当に一撃で味が染みる!」

  2. ヒロミ、すい臓がん早期発見検査発表会で「脾臓がないので気にしている」

  3. 【虎のソナタ】思わぬ大物が阪神へ移籍してくるかも 12・9現役ドラフトは大注目

  4. NHK朝ドラあすの「舞いあがれ!」12月1日OA第44話あらすじ 柏木(目黒蓮)が父親の話を始め…

  5. 61歳・エスパー伊東、認知症で老人ホーム生活 バラエティー番組の人気者の早すぎる余生 ホーム担当者「会話少なく…あまりいい状態ではない」