「贈賄の可能性」事前に指摘 KADOKAWAが調査結果公表

産経ニュース
会見冒頭、謝罪し頭を下げるKADOKAWA代表取締役社長の夏野剛(中央)、代表取締役の山下直久(右)、取締役の村川忍(左)=5日午後、東京都中央区(岩崎叶汰撮影)
会見冒頭、謝罪し頭を下げるKADOKAWA代表取締役社長の夏野剛(中央)、代表取締役の山下直久(右)、取締役の村川忍(左)=5日午後、東京都中央区(岩崎叶汰撮影)

東京五輪・パラリンピックを巡る汚職事件で会長の角川歴彦(つぐひこ)被告(79)が贈賄罪で起訴された出版大手「KADOKAWA」が5日、東京都内で記者会見を開き、大会組織委員会元理事側と結んだ契約について、同社の法務部門が贈賄に当たる可能性を事前に指摘していたとする社内調査結果を公表した。夏野剛社長は「皆さまの信頼を裏切り、深くおわび申し上げる」と謝罪した。

これに先立ち同社は、角川被告と事件当時社長だった松原真樹副会長の辞任を承認。後任は設けず、角川被告は取締役にはとどまる。夏野社長は政府の規制改革推進会議の議長を辞任するという。また同日、事件の調査と再発防止策の策定のため、外部の弁護士ら5人で構成するガバナンス検証委員会を設置した。

会見で同社は、組織委元理事の高橋治之容疑者(78)=受託収賄容疑で再逮捕=の知人の会社とコンサルティング契約を結ぶ前に、法務部門が「賄賂に当たる可能性がある」と指摘していたと明かした。

知人の会社は五輪以外の報告書も同社に提供していたが、価値があったとは認めがたく、支払いは「贈賄と評価され得る疑わしい行為だった」とした。

  1. 野菜のプロ直伝「おでんの大根 一瞬で味を染み込ませる方法」に「いいね」続々「これ本当に一撃で味が染みる!」

  2. ヒロミ、すい臓がん早期発見検査発表会で「脾臓がないので気にしている」

  3. 【虎のソナタ】思わぬ大物が阪神へ移籍してくるかも 12・9現役ドラフトは大注目

  4. NHK朝ドラあすの「舞いあがれ!」12月1日OA第44話あらすじ 柏木(目黒蓮)が父親の話を始め…

  5. 61歳・エスパー伊東、認知症で老人ホーム生活 バラエティー番組の人気者の早すぎる余生 ホーム担当者「会話少なく…あまりいい状態ではない」