自民、霊感商法めぐり初会合 旧統一教会問題の打開図る

産経ニュース
自民党の霊感商法による被害防止策や救済の在り方を検討する小委員会の初会合で、あいさつする若宮健嗣幹事長代理=4日午前、東京・永田町の党本部
自民党の霊感商法による被害防止策や救済の在り方を検討する小委員会の初会合で、あいさつする若宮健嗣幹事長代理=4日午前、東京・永田町の党本部

自民党は4日、党本部で霊感商法などの被害者救済を検討する消費者問題調査会小委員会(若宮健嗣小委員長)の初会合を開いた。関連法令の改正も見据え、年内にも提言をまとめることを確認した。世界平和統一家庭連合(旧統一教会)系団体と党所属議員との関係が批判を受けている事態の沈静化を図るが、先行きは不透明だ。

会合では、政府から霊感商法などに関する相談内容や、過去に宗教法人の解散命令を出した事例などについての説明があった。会合後、若宮氏は記者団に対し「ゆっくりと構えているわけにはいかない」と述べ、精力的に議論する考えを示した。政府は消費者契約の関係法令の見直しを視野に入れており、党は課題の洗い出しを急ぎ、政府を後押ししたい考えだ。

ただ、自民内では旧統一教会問題への危機感は強い。4日の党総務会では出席者から「それぞれの地域で旧統一教会との関係が深刻な問題になっている。(来春には)統一地方選もある。党本部は明確な対応を示してほしい」との注文が出た。

政府や自民の対応は後手に回っている。9月8日に党所属議員と旧統一教会との接点に関する点検結果を公表した後も、山際大志郎経済再生担当相が教団トップの韓鶴子総裁と会っていたことなど新たな関係が発覚した。党幹部は「終わりがあるとは思えない」と語った。

岸田文雄首相は「関係を断つ」と繰り返しているが、党幹部は「仮に選挙の公認や推薦に当たって宗教を尋ねれば、アウトだ。頭が痛い」と肩を落とした。(児玉佳子)

  1. NHK朝ドラあすの「舞いあがれ!」12月6日OA第47話あらすじ 柏木(目黒蓮)は中間審査に無事合格、着陸にてこずった舞(福原遥)は…

  2. 野菜のプロ直伝「おでんの大根 一瞬で味を染み込ませる方法」に「いいね」続々「これ本当に一撃で味が染みる!」

  3. 【虎のソナタ】思わぬ大物が阪神へ移籍してくるかも 12・9現役ドラフトは大注目

  4. 広瀬章人八段は4年ぶり竜王奪取ならず 藤井聡太竜王に敗れ「スコア以上に完敗だった」/将棋

  5. NHK「舞いあがれ!」サブタイ「別れ」は舞(福原遥)と柏木(目黒蓮)?朝ドラファン「水島学生?」「中澤学生かな?」