立民のスピーキングテスト条例案を否決 都議会文教委

産経ニュース
立民などが提出した条例案について討論する都議会文教委員。条例案は反対多数で否決された=4日、新宿区の都議会議事堂(植木裕香子撮影)
立民などが提出した条例案について討論する都議会文教委員。条例案は反対多数で否決された=4日、新宿区の都議会議事堂(植木裕香子撮影)

東京都議会文教委員会は4日、英語スピーキングテストの結果を来春の都立高校入試に活用しないよう求めた立憲民主党など提出の条例案を、反対多数で否決した。7日の都議会本会議の採決でも否決される見通し。小池百合子知事を支える「都民ファーストの会」も採決で反対する方針だが、条例案に賛意を示す同会の一部都議が賛成に回る可能性があり、小池氏の求心力低下を懸念する声が出ている。

文教委員会では4日午後、立民などが提出した条例案の賛否を問う採決が行われ、立民を除く自民、公明、都民ファ、共産の4党の反対で否決された。

条例案で立民が問題視しているスピーキングテストは、11月に都内の公立中学3年生約8万人を対象に実施されるもの。受験生がタブレット端末の問題に解答し、録音した音声データがフィリピンで採点され、6段階で評価される。

立民はスピーキングテストについて「評価や判定のばらつきを完全に避けることは難しい」などと強調。この日の委員会でも導入の見直しを求めた。だが、自民などは「都立高入試の受験科目に介入することで、教育委員会の中立、公平な教育活動を侵害する恐れがある」などと反対した。7日の都議会最終日の採決でも自民や公明などが反対し、否決される見通しだ。

都民ファも反対する方針だが、都政関係者は「条例案に賛意を示す都民ファの一部都議は、会派幹部の説得などにもかかわらず、条例案に対する思いを変えていないようだ」と指摘。一部都議が会派の方針に反し、賛成に回る可能性があるとの見方を示す。

都民ファ幹部は「反党」と判断される行為に及んだ都議に対し、処分を含め厳正に対処するとしているが、一連の問題は小池都政に大きな影を落とすことになりそうだ。

  1. NHK朝ドラあすの「舞いあがれ!」12月6日OA第47話あらすじ 柏木(目黒蓮)は中間審査に無事合格、着陸にてこずった舞(福原遥)は…

  2. 野菜のプロ直伝「おでんの大根 一瞬で味を染み込ませる方法」に「いいね」続々「これ本当に一撃で味が染みる!」

  3. 【虎のソナタ】思わぬ大物が阪神へ移籍してくるかも 12・9現役ドラフトは大注目

  4. NHK「舞いあがれ!」サブタイ「別れ」は舞(福原遥)と柏木(目黒蓮)?朝ドラファン「水島学生?」「中澤学生かな?」

  5. 広瀬章人八段は4年ぶり竜王奪取ならず 藤井聡太竜王に敗れ「スコア以上に完敗だった」/将棋