NHK朝ドラあすの「舞いあがれ!」10月4日OA第2話あらすじ 娘の病状に疲れ果てためぐみ(永作博美)、そんな妻に浩太(高橋克典)は…

イザ!
(左から)岩倉舞(浅田芭路)、岩倉めぐみ(永作博美)。舞の部屋にて。舞にあることを話すめぐみ。(C)NHK
(左から)岩倉舞(浅田芭路)、岩倉めぐみ(永作博美)。舞の部屋にて。舞にあることを話すめぐみ。(C)NHK

女優の福原遥が主演を務めるNHK連続テレビ小説「舞いあがれ!」(NHK総合など)の第2話が4日、放送される。

大阪府東大阪市と長崎県の五島列島を舞台に、町工場で生まれたヒロイン、岩倉舞(福原)がパイロットに憧れ、空を目指す物語。語りをさだまさしが務め、横山裕(関ジャニ∞)、高橋克典、永作博美、赤楚衛二、山下美月(乃木坂46)、高畑淳子ら豪華俳優陣が脇を固める。

「舞いあがれ!」第1話振り返り

ドラマは第1週「お母ちゃんとわたし」(第1~5話)が放送されており、物語は、1994(平成6)年からスタート。小学校3年生の舞(浅田芭路)は、東大阪市でねじ工場を営む父の浩太(高橋)、母のめぐみ(永作)、兄の悠人(海老塚幸穏)と4人で暮らしていた。

舞は原因不明の発熱で学校を休みがち。始業式から7日も休んでしまった舞は、学校へ行くのが少し怖かった。めぐみに背中を押され、久々に登校した舞。体育も見学し、昼休みも熱が出るため、みんなが校庭で遊んでいるのを見ていた舞は、飼育小屋で飼われている黒いウサギにエサをやりにいった。舞はそのウサギを「スミちゃん」と呼んでいた。舞は、同じクラスで隣に住む幼なじみの梅津貴司(齋藤絢永)のすすめで、望月久留美(大野さき)と一緒にスミの世話をすることになった。

しかし、放課後に久留美と飼育小屋へ行くとスミがいない。久留美と2人で校庭を走り回って探していると、貴司(齋藤絢永)が、スミを抱えてやってきた。久留美は走らせてしまったことを舞に謝罪。その日の帰り道、貴司と話しながら帰った舞は、みんなと遊べることをうらやましがった。

家に着くと、舞は郵便局員からはがきを受け取った。美しい島々の写真があり、そこには「五島」と書かれていた。

第2話あらすじ

第2話で、逃げたスミを探すために走り回った舞は熱を出してしまう。浩太とめぐみが病院へ連れていくと、そこで医師から舞の生活環境をかえることを勧められる。

窓越しに舞と話せる貴司は、久留美からの手紙を紙飛行機にして舞に渡し励ます。

舞の病状にめぐみは心身が疲れ果てていた。それを気遣う浩太は、舞をめぐみの母、祥子(高畑)のもとへ連れていくことを提案する。めぐみは長年、祥子と顔を会わせておらず、夫の言葉に考え込み…。

岩倉螺子製作所・事務室にて。ある人に電話をかける岩倉めぐみ(永作博美)。(C)NHK
(左から)岩倉めぐみ(永作博美)、岩倉舞(浅田芭路)。岩倉家・舞の部屋にて。はがきを見てある決心をするめぐみ。(C)NHK
  1. NHK朝ドラあすの「舞いあがれ!」12月6日OA第47話あらすじ 柏木(目黒蓮)は中間審査に無事合格、着陸にてこずった舞(福原遥)は…

  2. 野菜のプロ直伝「おでんの大根 一瞬で味を染み込ませる方法」に「いいね」続々「これ本当に一撃で味が染みる!」

  3. 【虎のソナタ】思わぬ大物が阪神へ移籍してくるかも 12・9現役ドラフトは大注目

  4. NHK「舞いあがれ!」サブタイ「別れ」は舞(福原遥)と柏木(目黒蓮)?朝ドラファン「水島学生?」「中澤学生かな?」

  5. 広瀬章人八段は4年ぶり竜王奪取ならず 藤井聡太竜王に敗れ「スコア以上に完敗だった」/将棋