広島の佐々岡監督が辞任 就任3年連続Bクラス

産経ニュース
今シーズンを終えて、スタンドのファンに挨拶をする広島・佐々岡真司監督=マツダスタジアム(林俊志撮影)
今シーズンを終えて、スタンドのファンに挨拶をする広島・佐々岡真司監督=マツダスタジアム(林俊志撮影)

広島の佐々岡真司監督(55)が2日、マツダスタジアムで行われた中日との今季最終戦後のセレモニーで辞任を表明した。ファンに向け「私の力不足でご期待に応えられず申し訳ない気持ちでいっぱい。責任を取り、このユニホームを脱ぎます」と語った。

球団幹部によると、ヤクルトがセ・リーグ2連覇を達成した翌日の9月26日に辞意を球団側に伝えて了承された。後任はOBを軸に選定する方針という。

2014年秋から古巣の広島で投手コーチを務め、20年シーズンから監督として指揮を執った。同年は5位、昨季は4位。今季は66勝74敗3分けで3年連続Bクラスの5位に終わった。

主砲だった鈴木誠也が米大リーグに移籍した今年は序盤戦では首位に立つなど、開幕ダッシュに成功。前半戦を勝率5割の2位タイで折り返したものの、後半戦は失速した。

河田雄祐ヘッド兼外野守備走塁コーチも辞任した。

  1. ヒロミ、すい臓がん早期発見検査発表会で「脾臓がないので気にしている」

  2. 野菜のプロ直伝「おでんの大根 一瞬で味を染み込ませる方法」に「いいね」続々「これ本当に一撃で味が染みる!」

  3. 【虎のソナタ】思わぬ大物が阪神へ移籍してくるかも 12・9現役ドラフトは大注目

  4. 日本の歴史的勝利に海外ファン「まったく驚かない」「ベルギーを追い詰めたことを忘れたのか?」

  5. 61歳・エスパー伊東、認知症で老人ホーム生活 バラエティー番組の人気者の早すぎる余生 ホーム担当者「会話少なく…あまりいい状態ではない」