「トミカ×機動戦士ガンダム」大河原邦男氏デザインの3モデルが「モビルアーマーっぽい」と話題に

イザ!
玩具メーカー、タカラトミーが2023年3月の発売を予定している新商品「トミカ×機動戦士ガンダム」の7種類。(C)創通・サンライズ
玩具メーカー、タカラトミーが2023年3月の発売を予定している新商品「トミカ×機動戦士ガンダム」の7種類。(C)創通・サンライズ

玩具メーカー、タカラトミーの新商品「トミカ×機動戦士ガンダム」シリーズに、ガンダムファンの注目が集まっている。

人気アニメ「機動戦士ガンダム」に登場するメカやキャラクターをミニチュアカー「トミカ」の世界で再現する企画。「トミカが夢のコラボレーション!」をコンセプトに人気のキャラクターやコンテンツとコラボレーションしている「ドリームトミカ」シリーズから4種、映画・アニメ・ドラマをテーマにした大人向けシリーズ「トミカプレミアムunlimited」から3種の合計7アイテムが販売される。

7月に4種が先行発表され、9月28日に残りの3種が発表された。デザインは「ガンダム」のモビルスーツ(人型戦闘ロボット)を生み出した大河原邦男氏が担当した。自身も幼少期にトミカでよく遊んだという大河原氏は、オファーを受けた時の心境を「大変驚き、プレッシャーと共に嬉しさ一杯でした」と明かした。作中に登場するモビルスーツのガンダムやザクの象徴的なカラーリングやディテールを盛り込み、クルマ全体でモビルスーツ感を表現したデザインについて「頭に浮かんだイメージを素直に表現してみました」と説明している。

大河原邦男氏と同氏がデザインを担当した「ガンダム(RX-78-2)」「シャア専用ザク」「量産型ザク」。(C)創通・サンライズ
大河原邦男氏と同氏がデザインを担当した「ガンダム(RX-78-2)」「シャア専用ザク」「量産型ザク」。(C)創通・サンライズ

新たに発表されたのは「ガンダム(RX-78-2)」「シャア専用ザク」「量産型ザク」で、いずれも税込み価格は1210円。このほかに「ライドオン 機動戦士ガンダム バギー」「ホワイトベース」「コア・ファイター」「Gファイター」(各1430円)がラインアップされている。販売開始は2023年3月中旬の予定で、7日から全国の店舗やネット通販サイトなどで販売予約の受け付けが始まる。

  1. 野菜のプロ直伝「おでんの大根 一瞬で味を染み込ませる方法」に「いいね」続々「これ本当に一撃で味が染みる!」

  2. 【虎のソナタ】思わぬ大物が阪神へ移籍してくるかも 12・9現役ドラフトは大注目

  3. NHK朝ドラ「舞いあがれ!」柏木学生(目黒蓮)「お前のこと…」に続く言葉は?ネット大喜利化「ゴメン、やっぱり紬(川口春奈)が好き」

  4. 「水ダウ」クロちゃん企画、“本物”美女が脱落に 衝撃走る「ちょっと泣いてしまったw」「仕掛け人だと思ってた」

  5. 名脇役の斎藤洋介さんが死去 69歳、人知れずがんで闘病