首相「就任後決断の連続」 衆院解散やコロナ

産経ニュース
岸田文雄首相
岸田文雄首相

岸田文雄首相は1日放送のBSテレ東番組で、4日に岸田政権発足から1年を迎えるのを前に「本当に決断の連続だった」と振り返った。「大きな決断」の例として就任直後に衆院解散・総選挙を断行したことや、新型コロナウイルスの水際対策、ウクライナ危機に伴う対ロシア政策転換を挙げた。

首相の重責について「閣僚など今まで経験した立場と比べ、責任の大きさ、決断の重みは格段に違う」と指摘。「責任や決断の重さをしっかりかみしめ、日々責任を果たしていかなければいけない」と力説した。

コロナ禍で傷んだ経済再生や物価高対策を念頭に「経済に関わる皆さんの意見を聞きながら、大きな方向性を見誤らないよう努力をする」と語り、自身が強みとする「聞く力」をアピールした。

  1. NHK朝ドラ「舞いあがれ!」2月7日OA第88話あらすじ 悠人(横山裕)が低体温症になっていることに気づいた久留美(山下美月)は…

  2. ロシア軍〝弾切れ〟目前 年明けにも備蓄尽き…ウクライナに全土奪還される可能性 イランや北朝鮮からの供与なく軍の士気低下も

  3. 【月刊正論】幹部の収入を暴露! 日本共産党の元党員の私が20の疑問に答えます 篠原常一郎

  4. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  5. 吉高由里子主演「星降る夜に」第4話あらすじ 春(千葉雄大)に寄り添おうとする一星(北村匠海)、2人は大喧嘩をしてしまう