福島「被曝による甲状腺がんは心配ない」 宮城学院女子大の緑川早苗教授インタビュー

産経ニュース
福島県が行う県民健康調査のデメリットを訴える宮城学院女子大の緑川早苗教授(奥原慎平撮影)
福島県が行う県民健康調査のデメリットを訴える宮城学院女子大の緑川早苗教授(奥原慎平撮影)

東京電力福島第1原発事故を受け、当時18歳以下だった福島県民を対象にした県民健康調査で計284人(今年3月時点)に甲状腺がんか疑いが確認されている。被曝(ひばく)線量は十分に低く、国連の専門家委員会などはがん発症と原発事故の関連を否定する。甲状腺がんは健康に悪影響を与えない潜在がんが多いとされ、がん摘出に踏み切れば手術痕が残り、ホルモン剤を内服する負担を抱え、放射線が体をむしばんだと思わせかねない。検査に関わった宮城学院女子大の緑川早苗教授は「放射線による甲状腺がんの増加を心配する必要はない」と述べ、検査を受診するデメリットを訴える。緑川教授に問題点などを聞いた。(聞き手 奥原慎平)

──県民健康調査の在り方を巡る議論が膠着(こうちゃく)している

「がんと診断された子供たちが反原発の人や甲状腺を研究する人の議論の種にされ、彼ら彼女らの主義主張を正当化するため利用されているように感じる。わずかに被曝の影響が存在しても、しなくても、不必要にがん患者と診断され、不必要な手術を受けさせられている。ケアと補償を行い、犠牲者を増やしてはならない」

──甲状腺がんは潜在がんが多いといわれる

「症状を訴えない人の中に10数%、多い報告で40%弱の人に甲状腺がんはある。多くの人は甲状腺がんの存在を知らないまま天寿を全うする」

──小児甲状腺がんの発症は年間で100万人に数人程度だが、事故後、数十倍に増えた形となった

「甲状腺がんを発症させるには、福島の被曝量の推定値は低い。この被曝量により、数十倍も甲状腺がんが発症したと考えるのは偏った考えといえる。子供たちの体には原発事故とは無関係に無害の甲状腺がんができており、それを診断してしまうから、次々にがんが確認されたと考えるのが科学的な判断だろう」

──緑川氏は当初から検査に関わった

「検査が始まった当時、自分も含め専門家のほとんどは若い世代にこれほど多くの甲状腺がんが発見されると想定していなかった。検査を一度止めて、手法を見直すべきだった。いい方向に変えられず、本当に後悔している」

──県民健康調査で甲状腺がんの発症と被曝の因果関係が証明できるのか

「がんのように多数の因子が関与し、潜伏期間が長い病気の原因解析は難しい。甲状腺検査も被曝線量が非常に高ければ、比較的少ない人数を調べても疫学的に分かる。だが、福島原発事故のように被曝線量がチェルノブイリ原発事故に比べ二桁少ない場合、高い診断力を持つ超音波検診など他の要因の影響を受けてしまい、(県民健康調査が対象とする)38万人を調べても因果関係は証明できないだろう」

──「原子放射線の影響に関する国連科学委員会」(UNSCEAR)の報告書は日本が研究資金を拠出しているから、日本政府の意向が反映されていると指摘する声がある

「福島原発事故による被曝線量は低く、病気が起こらないという結論は、政治的な意図とは関係なく多くの科学者により支持される結論だろう。利害関係のない海外の科学者に何年も関連論文を査読、評価、議論してもらうのに費用はかかる。日本のことを検討するために、日本政府がお金を出すのはおかしいことではない。そもそもUNSCEARは関連論文を客観的に評価し、総括しているだけで、政策的な意図を反映するものではない」

──福島原発事故の被曝線量によって甲状腺がんは増えないのか

「確率はゼロではないが、限りなくゼロに近い。それは不確実性の問題だ。科学的な態度を取るなら、不確実性は認めないといけない。ただ不確実性の言葉をもって、ものすごく小さいリスクを大きいリスクのように言うことは、住民のためにならない」

──緑川氏が子供たちに伝えたいことは

「甲状腺がんを診断された子供たちは『過剰診断のせいだ』と言われると傷つくという見方がある。でも、言わなければ子供をだまし、がんの発症は放射線のせいということになる。過剰診断でないなら、命を脅かすがんと考えるだろう。それは医者として不誠実だ。子供たちは『受けなくても良かった手術だったのか』と思うだろうが、それも含め医療側に責任がある。子供たちには放射線による甲状腺がんの増加を心配する必要はない、甲状腺検査はデメリットがとても大きく受けない方がいいと伝えたい」

  1. NHK朝ドラあすの「舞いあがれ!」12月6日OA第47話あらすじ 柏木(目黒蓮)は中間審査に無事合格、着陸にてこずった舞(福原遥)は…

  2. 野菜のプロ直伝「おでんの大根 一瞬で味を染み込ませる方法」に「いいね」続々「これ本当に一撃で味が染みる!」

  3. 【虎のソナタ】思わぬ大物が阪神へ移籍してくるかも 12・9現役ドラフトは大注目

  4. NHK「舞いあがれ!」サブタイ「別れ」は舞(福原遥)と柏木(目黒蓮)?朝ドラファン「水島学生?」「中澤学生かな?」

  5. 広瀬章人八段は4年ぶり竜王奪取ならず 藤井聡太竜王に敗れ「スコア以上に完敗だった」/将棋