縁の下の力持ち システム運用・保守の年収や将来性を紹介

システム運用について解説

システム運用とは、毎日稼働しているシステムを構成しているサーバーやネットワーク、ハードウェア、ソフトウェアの状態監視をして、安定稼働させる取り組みをおこなう業務になります。システムの異常となる兆候を見逃さず、事前対応を施すことで、障害を未然に防ぐ重要な役割です。今回は、システム運用の特徴や将来性について紹介していきます。

※画像はイメージです(Getty Images)
※画像はイメージです(Getty Images)

システム運用とシステム保守の違い

システム運用は、システムがリリースされた後に実際の稼働を運用監視する業務になります。システム保守では、サービスの障害対応や機能改修が主な業務になります。具体的な業務内容を以下に記載します。

■システム運用

・稼働データの管理

・バックアップデータの管理・保管

・アクセス権限管理

・セキュリティ対応

・操作に関する問い合わせ対応

・サーバー監視

・アラート検知

■システム保守

・システムの定期点検

・OSのバージョンアップ対応

・エラー対応

・障害報告書の作成

・システム改修

・脆弱性対応

・最新のOSパッチ適用

・ハードウェアの性能検証

・パフォーマンスのチューニング

・改善要求のヒアリング


システム運用が求められる職場

システム運用をおこなうにあたって必要なことは、24時間365日サーバーやシステムを停止させない仕組みを持っているかどうかになります。例えば、金融機関のシステムに障害が発生した場合直ちに復旧させなければなりません。また、障害対応のみではなくアップデート対応やユーザーアカウントの管理(登録・削除)もおこなえるようにDBを操作できるスキルが求められます。


システム運用に求められるスキル

システム運用の仕事では、一人で作業をするだけでなくエンジニアやシステム保守の担当と協働しながら業務にあたることがあります。そのため、次のようなスキルを持っているとシステム運用に向いているといえます。


柔軟な対応力

システム運用には、体系的な手順書があります。しかし、サーバやアプリケーションのバージョンは常にバージョンがアップデートされます。バージョンが変るとその動作も変ってしまうこともある為、手順書を修正しながら変化に柔軟に対応できることが求められます。


観察力

システムに障害が発生する多くの場合は、CPU稼働率、ネットワークトラフィック、データベースアクセス数、接続ユーザー数などに何らかの予兆が見られるものです。平常運転中と違うなにかに気が付くことで、障害の発生を未然に防ぐこともあります。それぞれの監視項目がどのような意味を持っているかを把握し、注意深く観察することで、いままで大きなニュースとなり世の中に大きな影響を与えた大規模障害も防ぐことが出来たかもしれません。


システムの知識

システム運用をおこなうためには、システムの全般的な知識が必要になってきます。担当しているシステムの深い理解は必要になりますが、それを動かしているサーバやアプリケーションの知識も同様に必要になってきます。また、構成や内容を把握していないと障害発生時にすぐにエラーやトラブルの対応ができません。


システム運用に役立つ資格

システム運用では、特段必要な資格はありませんが、保有していると就職時やキャリアアップの際に優遇されることがあります。また、未経験でも資格を保有しているだけで一定の知識を保有しているとみなされるので未経験からの転職にも有利です。システム運用におすすめの資格を3つ紹介します。


基本情報技術者

基本情報技術者は、経済産業省が実施している情報処理技術者試験で国家資格です。基本情報技術者は、基本的なITに関する知識全般が出題範囲になっておりITエンジニアを目指すならぜひ取得したい資格です。合格率は約20%と高くはありませんが、学生でも取得する人はいます。合格すれば、一定のIT知識を保有していると見なされ、企業に入社の際にもスキルを示すことができます。


ITサービスマネージャ

ITサービスマネージャも、情報処理技術者試験の1つで高度情報処理技術者に位置づけられています。対象者像として、“情報システム全体について、安全稼働を確保し、障害発生時において被害の最小化を図るとともに、継続的な改善、品質管理など、安全性と信頼性の高いサービスの提供を行う者”となっており、システム運用者が保有していれば高いサービスを提供できる人材として重宝されます。


システムアーキテクト

システムアーキテクトは、ITエンジニア対象の難易度の高い国家資格です。システム設計をおこなう開発エンジニアが取得する資格です。キャリアアップ時にこの資格を保有しているとアピールすることができます。合格率は、約10%ほどですが現場です。システム運用には、システムの構成を知ることも役に立ちますので取得を目指す方もいます。

※画像はイメージです(Getty Images)

システム運用の平均年収

経済産業省が実施した「IT関連産業の給与等に関する実態調査結果」では、「IT運用・管理(顧客向け情報システムの運用)」の平均年収は608.6万円になっています。SEやプログラマ(顧客向けのシステム開発・実装)の平均年収が593.7万円になるのでそれ以上に高い年収になっています。


システム運用の将来性

システムは、導入した時点から運用が開始されます。技術の進化やセキュリティ意識の向上も、全てがシステム運用に関わる要素です。稼働中のシステムは、そのユーザー数、データの変化などをトリガーとして、障害が発生することもあります。システムが運用される中でのトラブルは無くなることがありません。そのため、技術やスキルを持ったシステム運用者の存在は必要不可欠です。


まとめ

システム運用は、世の中で使われているいろいろなシステムの障害を未然に防ぐ重要な役割です。Web系の開発エンジニアと比べると地味ですが、縁の下の力持ちとして、社会生活を支えているのです。柔軟な対応力、鋭い観察力を武器に世の中を支えるシステム運用のエンジニアを目指してみませんか。





  1. 名脇役の斎藤洋介さんが死去 69歳、人知れずがんで闘病

  2. 俳優の志垣太郎さんが3月に死去していた 70歳 急な体調不良による心不全で 長男が報告

  3. きよ彦さん死去…毒舌キャラでタレントとしても人気集めた着物デザイナー

  4. NHK朝ドラあすの「舞いあがれ!」12月7日OA第48話あらすじ 予習に姿を現さなかった柏木(目黒蓮)の部屋を訪ねた舞(福原遥)は…

  5. 中村玉緒の息子・鴈龍さん、孤独死していた…55歳