電力4社と新型原子炉開発 三菱重工、30年代実用化

産経ニュース
三菱重工業のロゴマーク
三菱重工業のロゴマーク

三菱重工業が、新型原子炉の開発について関西電力など電力大手4社と協力することが29日、分かった。安全性を高めた加圧水型軽水炉(PWR)を開発し、2030年代半ばの実用化を目指す。

協力するのは関西電力のほか、北海道電力、四国電力、九州電力。4社は保有する原発で三菱重工のPWRを採用している。新型原子炉の出力は120万キロワット程度を想定する。

政府は8月、将来的な電力の安定供給に向けて次世代型原発の建設を検討する方針を公表。東京電力福島第1原発事故以降、原発の新増設や建て替えは想定しないとした従来のエネルギー政策の転換を打ち出した。

  1. 野菜のプロ直伝「おでんの大根 一瞬で味を染み込ませる方法」に「いいね」続々「これ本当に一撃で味が染みる!」

  2. 【虎のソナタ】思わぬ大物が阪神へ移籍してくるかも 12・9現役ドラフトは大注目

  3. NHK朝ドラ「舞いあがれ!」柏木学生(目黒蓮)「お前のこと…」に続く言葉は?ネット大喜利化「ゴメン、やっぱり紬(川口春奈)が好き」

  4. 「水ダウ」クロちゃん企画、“本物”美女が脱落に 衝撃走る「ちょっと泣いてしまったw」「仕掛け人だと思ってた」

  5. 名脇役の斎藤洋介さんが死去 69歳、人知れずがんで闘病