芸術の秋 美術鑑賞の世界がより広がるビクセンの「単眼鏡」

美術館や博物館巡りでの使いやすさを追求して開発された「アートスコープ」。
美術館や博物館巡りでの使いやすさを追求して開発された「アートスコープ」。

芸術の秋。美術館や博物館、神社仏閣巡りに最適なシーズンがやってきました。そんな芸術作品や建築鑑賞をより楽しむためにおすすめのアイテムが「単眼鏡」です。

単眼鏡を使えば、肉眼では見えない美術品の細部まで鑑賞ができるため、遠くからでは気づきにくい画家の筆遣いやタッチなどを感じることができます。

作品との間にあるガラスや柵の存在を忘れ、作品に没頭できるでしょう。

そこで今回は、創業70年以上の光学機器メーカー「ビクセン」の単眼鏡をご紹介します。


まず最初にご紹介するのは、美術館や博物館巡りでの使いやすさを追求して開発された「アートスコープ」。2016年の発売以来、販売数は2万台を突破している人気商品です。

コンパクトボディーにはアルミ合金素材を採用しています。外装にはしっとり落ち着きのあるアルマイト処理を施し、堅牢性と高級感を演出しています。また両側のレンズ共にキャップが付属しており、レンズの汚れや破損を防げます。

本体カラーとコーディネートされた専用収納ケースが付属。手のひらに収まるサイズ感で、本体にジャストフィットします。

ネックストラップをつけたまま首から下げてもファッションになじみやすく、そのまま単眼鏡を出し入れすることができ、使いやすくなっています。

セミハードケースなので単眼鏡をキャップレスで収納でき、ケースから出せばすぐに使えるのも便利なポイントです。

セミハードケースは緩衝素材でできており、美術館の音声ガイドや携帯電話などの他のアクセサリーと一緒に首から下げていても干渉音が気にならず、傷が付くのも防止。安心して心ゆくまでアートの世界を満喫できます。

4倍のモデル「アートスコープ H4×12」(1万1,275円)と6倍のモデル「アートスコープ H6×16」(1万4,025円)の2点を販売中。

4倍は適度に広い範囲を同時に見渡せるため、多少の手ブレがあっても視野から外れにくく、初心者でも簡単に楽しむことができます。

6倍は仏像や天井画など対象物との距離が離れている場合により適していますが、6倍でもピントが合う最短距離は25センチのため、近いものを見ることもできます。

好みに合わせて倍率を選んで、慣れたら4倍、6倍を用途によって使い分けるのもおすすめです。


「マルチモノキュラー」はブラックアルマイトボディーにシルバーのロゴが入り、よりシンプルに、より洗練された単眼鏡。優れた光学性能かつコンパクトなサイズで軽量なため、美術鑑賞や講演会でも活躍するアイテムです。

本体を傷から守るソフトケースと、首からかけられるネックストラップ付き。

倍率は3種類。長時間の観察でも目が疲れにくい、ハイアイポイント設定で、メガネを併用してものぞきやすい仕様の4倍「マルチモノキュラー H4×12」(1万450円)、最もスタンダードな倍率で使い勝手抜群な6倍の「マルチモノキュラー H6×16」(1万3,200円)、シリーズナンバーワンの高倍率かつ至近距離は約25センチの8倍「マルチモノキュラー H8×20」(1万4,300円)を販売中です。


「遠近マルチスコープ」は本体を前に伸ばしたり、戻したりすることで(直進式ピント機構)すばやくピントが合わせられる単眼鏡。接眼筒に距離目盛を装備しているので、観察物までのおおよその距離の確認もできます。

約30センチの近距離でもピントを合わせられ、美術鑑賞や近くの花の観察などにも対応します。

軽量でコンパクトなボディーで使いやすく、携帯に便利なネックストラップとソフトケース付きです。普段使いから、ハイキング、美術鑑賞などさまざまなシーンで気軽にご使用いただけます。

6倍「遠近マルチスコープ 6倍」(7,975円)と8倍「遠近マルチスコープ 8倍」(8,525円)の2種類を販売中です。


価格は全て税込み。送料無料。価格や仕様などの情報はすべて掲載時のものです。産経ネットショップのご利用が初めての方が新規会員登録をすると、500円オフクーポンが使えるのでお得になります。<産経ネットショップ>

  1. 吉田麻也「一番起きてはならないことが起きてしまった」 不用意パスから後半36分、悪夢の失点

  2. 本田圭佑 コスタリカ戦の黒星に「僕はがっかりしていない」 ドイツ●、コスタリカ○の想定と「勝ち点かわらない」

  3. 【虎のソナタ】思わぬ大物が阪神へ移籍してくるかも 12・9現役ドラフトは大注目

  4. NHK朝ドラあすの「舞いあがれ!」11月29日OA第42話あらすじ 舞(福原遥)が初フライトへ!大河内(吉川晃司)が一番手に指名

  5. カタール大会のロスタイムが異常に長いワケ