残り3話!NHK朝ドラあすの「ちむどんどん」9月28日OA第123話あらすじ 暢子(黒島結菜)の新店「やんばるちむどんどん」開店前日に思わぬ事件が…

イザ!

五郎は優子の姉、時恵(大城ゆう紀)の最期をみとったと切り出し、優子にジーファー(かんざし)を手渡した。40年前の沖縄戦で、五郎が焼け残った小屋に逃げ込んだとき、そこに時恵がいたという。父と母は機銃掃射でやられ、時恵も撃たれていた。五郎に、「食べられないから」と言って小さな握り飯を渡した時恵。そして、自分にははぐれた妹と弟がおり、もし会えたら「見捨てたんじゃない。必死に捜したけど見つからなかった」と伝えてほしいと言い残していた。

大里五郎(草刈正雄) (C)NHK
大里五郎(草刈正雄) (C)NHK

時恵は最後に水を欲しがったが、五郎は自分たちのことを考え、食べ物をもらっておきながら「水はない」とウソをついてしまった。それをずっと後悔しており、優子に「ごめんなさい」と謝った。しかし優子は「最期をみとってくださり、ありがとうございました」とお礼を述べた。

「ちむどんどん」第123話あらすじ

暢子がやんばるで食堂を始める決意をしてから季節が過ぎ、村の人たちの助けも借りて、店の増築も無事に完了。地元の野菜を取り入れる工夫も重ね、「やんばるちむどんどん」の開店日が決まった。さらに、その日には、懐かしい人たちがやってくることも判明。ワクワクして準備を進める暢子だったが、開店前日に思わぬ事件が起こる。

  1. 木の実ナナは泣き崩れ…小川知子は「心臓がドキドキ」 芸能界から悲しみの声

  2. 独占・スシロー「湯呑みペロペロ」高校生の父親が涙の謝罪 「本人はものすごく反省しています」「動画撮影はしていない」

  3. NHK「舞いあがれ!」第19週、インサイダー疑惑の悠人(横山裕)「倒れた!」朝ドラファン悲鳴…貴司(赤楚衛二)を尋ね秋月史子(八木莉可子)登場

  4. 「やばい、やばい!」響く悲鳴で朝のホーム騒然 神戸の飛び込み事故

  5. NHK朝ドラ「舞いあがれ!」久留美(山下美月)の破局に「別れて正解」「悠人と幸せになってください」