8月から4大会で3勝、好調維持するサムソノワ 東レ・パンパシフィック・テニスV

産経ニュース
シングルスで優勝し、トロフィーを手にするリュドミラ・サムソノワ=東京有明コロシアム
シングルスで優勝し、トロフィーを手にするリュドミラ・サムソノワ=東京有明コロシアム

好調を維持するサムソノワが、初出場した東レ・パンパシフィック・オープンでも強さを発揮した。全5試合をストレートで制してツアー4勝目。「厳しい相手とばかり5試合をこなしたが、自分なりに力強くプレーできた」。今年のウィンブルドン選手権を制したリバキナ(カザフスタン)や四大大会2勝のムグルサ(スペイン)ら強敵を打ち破っての今季3勝目に、23歳は胸を張った。

決勝では鄭欽文(中国)の鋭いサーブに押される場面も目立ったが、勝負どころで強さを発揮した。「大切なのはブレークすること」。第1、2セットとも5-5で迎えた相手のサービスゲームで力強いストローク戦からミスを誘い、ブレークに成功。そのまま最終ゲームを押し切って19歳の新鋭を退けた。

ロシアのウクライナ侵攻の影響で、ロシア勢が除外された6~7月のウィンブルドン選手権に出場できなかった。「この時間をしっかり使おう」と拠点を置くモナコで練習に打ち込み、精神面も技術も磨いた結果、8月以降は出場4大会で3勝を挙げている。

ただウィンブルドン選手権からの除外はショックだったようで、「唯一言えるのは、スポーツに政治が介入するのはあまりフェアではないのではないか」と悲しそうに話した。(奥村信哉)

23歳サムソノワが今季3勝目 テニスの東レ・パンパシフィック・オープン

  1. 【衝撃事件の核心】屈強な「佐川男子」、暴力団員すら圧倒 世にも奇妙な恐喝未遂事件の一部始終

  2. 「うめづのお好み焼き」トレンド入り!NHK朝ドラ「舞いあがれ!」悠人(横山裕)が久留美(山下美月)に渡した「最大級の感謝」

  3. 【犯罪最前線】報酬5%、女性は裸写真も…特殊詐欺実行犯の実態

  4. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  5. NHK朝ドラ「舞いあがれ!」史子(八木莉可子)登場で舞(福原遥)と貴司(赤楚衛二)の関係が進展?「恋の火付け役」