女子100で児玉が歴代2位の11秒24 男子は多田V 陸上全日本実業団

産経ニュース
女子100メートル決勝 11秒39で優勝した児玉芽生=岐阜長良川競技場
女子100メートル決勝 11秒39で優勝した児玉芽生=岐阜長良川競技場

陸上の全日本実業団対抗選手権第2日は24日、岐阜長良川競技場で行われ、女子100メートルの児玉芽生(ミズノ)が追い風1・3メートルの予選で日本歴代2位の11秒24をマークした。無風だった決勝は11秒39で制した。男子100メートル決勝は東京五輪代表の多田修平(住友電工)が10秒29で優勝した。

男子走り幅跳び決勝は、110メートル障害の日本記録を持つ泉谷駿介(住友電工)が8メートル00で勝ち、東京五輪6位の橋岡優輝(富士通)は7メートル95で2位だった。

1万メートル競歩の男子は20キロで7月の世界選手権、東京五輪ともに銀メダルの池田向希(旭化成)が38分15秒86の大会新記録で圧勝。女子は藤井菜々子(エディオン)が45分44秒91で勝った。

  1. ロシア軍〝弾切れ〟目前 年明けにも備蓄尽き…ウクライナに全土奪還される可能性 イランや北朝鮮からの供与なく軍の士気低下も

  2. 「韓国は民主国家として未熟」親日・韓国人ユーチューバー激白! 留学中に反日洗脳から解放、「『韓国の歴史教育はウソだった』と確信した」

  3. 【衝撃事件の核心】屈強な「佐川男子」、暴力団員すら圧倒 世にも奇妙な恐喝未遂事件の一部始終

  4. NHK朝ドラ「舞いあがれ!」2月2日OA第85話あらすじ 舞(福原遥)は父の夢に挑戦していることを祥子(高畑淳子)に報告

  5. NHK「舞いあがれ!」貴司くん赤楚衛二の反省「梅津家失格です。旅に出ます」に朝ドラファンら爆笑「毎回楽しみw」「安定」