ヤクルトは両軍計8本塁打の空中戦に敗れる 九回のオスナ3ラン、内山壮2ランも及ばず…

サンスポ
ヤクルトは内山壮の2ランで2点差まで詰め寄ったが…(撮影・今野顕)
ヤクルトは内山壮の2ランで2点差まで詰め寄ったが…(撮影・今野顕)

(セ・リーグ、ヤクルト6―8DeNA、22回戦、ヤクルト13勝9敗、23日、神宮)ヤクルトは中盤までの大量失点が響いた。両チーム合わせて8本塁打が飛び交う空中戦。九回の2発は時すでに遅かった。

1―8から17号3ランを放ったオスナは「自分のスイングをすることを意識して打席に入った。良い角度で上がってくれた」。4―8から3号2ランを放った内山壮は「当てにいかず、フルスイングしようと思いました。良いポイントで打つことができました」とコメントした。

  1. 「もううんざり」国連勤務の露外交官、侵攻批判し辞職

  2. 安倍元首相銃撃事件で注目「旧統一教会」桜田淳子の現在地 34歳で合同結婚式に出席、テレビや舞台から去り…女優の道は閉ざされた

  3. 【衝撃事件の核心】屈強な「佐川男子」、暴力団員すら圧倒 世にも奇妙な恐喝未遂事件の一部始終

  4. 〝プーチン暗殺〟米上院議員が呼びかけ 「あの男を殺すしかない」ニュースのインタビューで発言 露出身の実業家は懸賞金も

  5. NHK鈴木奈穂子アナ「あさイチ」ドタバタハプニングを視聴者フォロー「これぞ神回」