台風発生、西・東日本へ 3連休、大雨に警戒

産経ニュース
気象庁
気象庁

気象庁によると、高知県・室戸岬の南にある熱帯低気圧が23日午前9時の観測で、台風15号に変わった。夜から24日にかけて西日本と東日本の太平洋側へかなり接近する見込み。3連休は25日にかけて大雨になる恐れがあり、気象庁は土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水、氾濫に警戒を呼びかけた。

台風15号は23日午前9時現在、室戸岬の南約300キロを時速約20キロで北へ進んだ。中心気圧は千ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は18メートル、最大瞬間風速は25メートル。中心の北側280キロ以内と南側185キロ以内は風速15メートル以上の強風域。25日朝までに温帯低気圧に変わる見通し。強風や高波にも注意が必要だとしている。

24日午前6時までの24時間予想雨量は多い所で、近畿、東海200ミリ、関東甲信120ミリ。その後の24時間は東海100~200ミリ、関東甲信100~150ミリ。政府は23日、台風15号に関し、首相官邸の危機管理センターに情報連絡室を設置した。

  1. 「もううんざり」国連勤務の露外交官、侵攻批判し辞職

  2. 【衝撃事件の核心】屈強な「佐川男子」、暴力団員すら圧倒 世にも奇妙な恐喝未遂事件の一部始終

  3. 〝プーチン暗殺〟米上院議員が呼びかけ 「あの男を殺すしかない」ニュースのインタビューで発言 露出身の実業家は懸賞金も

  4. NHK鈴木奈穂子アナ「あさイチ」ドタバタハプニングを視聴者フォロー「これぞ神回」

  5. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図