毒草イヌサフラン食べ死亡 北海道・旭川

産経ニュース
ギョウジャニンニクと誤食するケースが多いイヌサフランの葉(岐阜薬科大薬草園研究室提供)
ギョウジャニンニクと誤食するケースが多いイヌサフランの葉(岐阜薬科大薬草園研究室提供)

北海道旭川市保健所は23日、毒草のイヌサフランを食べた市内の住人1人が食中毒で死亡したと発表した。自宅の庭に生えていたものとみられる。

保健所によると、住人は17日ごろにイヌサフランを食べ、嘔吐や下痢を発症し、翌日に死亡した。庭には植物が抜かれたような跡があった。

イヌサフランは球根の形がニンニクやタマネギ、葉の形がギョウジャニンニクに似ており、食中毒が多発している。保健所は「食用と確実に判断できない植物は食べないで」と呼びかけている。

  1. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  2. 名脇役の斎藤洋介さんが死去 69歳、人知れずがんで闘病

  3. 【許さない 未解決事件のいま】(3)ポツンと一軒家の惨劇 私的懸賞で解決願う長男 茨城高齢夫婦殺害

  4. ロシア大敗、反攻猛進撃のワケ ウクライナが東部要衝奪還、東京なら1・4倍の広さ 「プーチン大統領は四面楚歌状態」渡部氏

  5. 山梨の女児不明 20分間に何があったのか 家族が経過明かす