原発避難迅速化 マイナンバーとひも付け 宮城県

産経ニュース
原発事故発生時の避難に活用するスマートフォンアプリの実証訓練=22日午前、宮城県庁(画像の一部を加工しています)
原発事故発生時の避難に活用するスマートフォンアプリの実証訓練=22日午前、宮城県庁(画像の一部を加工しています)

東北電力が再稼働を目指す女川原発が立地する宮城県は22日、原発事故発生時の避難に活用する住民向けスマートフォンアプリの実証訓練を県庁で行った。開発中のアプリとマイナンバーカードのひも付けにより行程を簡略化し、スムーズな避難につなげる。

現在の避難計画では、原発から30キロ圏内の住民は「避難所受付ステーション」で行き先を案内してもらう。しかし、2月に実施した国の原子力総合防災訓練では、受け付けに時間がかかり混雑が発生。アプリで事前登録を済ませれば、避難先を知らせるプッシュ通知がスマホに届き、ステーションに行く必要がなくなる。

避難所では用意されたQRコードをアプリで読み取ることで受け付けが完了する。22日午前の訓練では避難者役の県職員ら100人がスマホに届いた通知に従い、スムーズに避難した。所要時間の比較のため、従来のステーションを経由する形式でも訓練したが、混雑が発生した。

県は結果を検証し、原発周辺自治体と連携し避難計画の見直しやアプリの導入時期を検討する。

  1. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  2. 【許さない 未解決事件のいま】(3)ポツンと一軒家の惨劇 私的懸賞で解決願う長男 茨城高齢夫婦殺害

  3. ロシア大敗、反攻猛進撃のワケ ウクライナが東部要衝奪還、東京なら1・4倍の広さ 「プーチン大統領は四面楚歌状態」渡部氏

  4. 山梨の女児不明 20分間に何があったのか 家族が経過明かす

  5. ウクライナ避難民女性と日本人の身元保証人にトラブル続発 78人が日本から出国