NHK朝ドラあすの「ちむどんどん」9月23日OA第120話あらすじ 暢子の送別会、房子(原田美枝子)の姿はなく…

イザ!
「ちむどんどん」第120話より(C)NHK
「ちむどんどん」第120話より(C)NHK

沖縄料理に夢をかけるヒロイン、青柳暢子(黒島結菜)とそのきょうだいたちの姿を描くNHK連続テレビ小説「ちむどんどん」(総合など)の第120話が23日、放送される。

沖縄が本土復帰した1972年、暢子は料理人を目指して沖縄・やんばるから上京し、のちに大叔母であることがわかった大城房子(原田美枝子)が営む銀座の高級レストラン、アッラ・フォンターナで修行を重ねた。東京では、子供の頃にやんばるで出会った和彦(宮沢氷魚)と再会。その後、惹かれあうようになった2人は79年に結婚し、暢子はその年に独立を果たし、妊娠中の身で都内に沖縄料理店「ちむどんどん」をオープンさせた。

出だしは順調だったが、客足は3カ月で途絶え、ついに赤字に転落。暢子は一旦、店を閉めて料理などの見直しを行った。課題だった皮付きの豚肉の仕入れは、養豚場で働く兄、比嘉賢秀(竜星涼)の協力でクリア。自身が求めてきた理想の味を完成させ、営業を再開させると、店は大にぎわいとなった。

「ちむどんどん」第120話より(C)NHK
「ちむどんどん」第120話より(C)NHK

「ちむどんどん」第119話振り返りと第120話あらすじ

ドラマは第24週「ゆし豆腐のセレナーデ」(第116~120話)が放送されており、84年4月、暢子は和彦と長男の健彦(三田一颯)を連れて沖縄へ帰省した。都会での生活しか知らない健彦はやんばるの大自然を満喫。暢子と和彦もやんばるの人々とふれあいながら楽しい時間を過ごしていた。

しかし、比嘉家の長女、石川良子(川口春奈)は、三女の歌子(上白石萌歌)と幼なじみの砂川智(前田公輝)が思いあっているにもかかわらず兄妹のような関係が続き、2人の仲が進展しないことに気をもんでいた。

そんな中、歌子と智が山に出かけることになった。その帰りにいいムードが訪れ、智が歌子の手を握り、そっと顔を近づけた。歌子もこれを拒否せず、智を受け入れようとしたが、あと少しのところで、2人が帰ってこないことを心配した地域役員、前田善一(山路和弘)が駆けつけてしまい、2人のキスは“未遂”に終わった。

  1. 「もううんざり」国連勤務の露外交官、侵攻批判し辞職

  2. 【衝撃事件の核心】屈強な「佐川男子」、暴力団員すら圧倒 世にも奇妙な恐喝未遂事件の一部始終

  3. 〝プーチン暗殺〟米上院議員が呼びかけ 「あの男を殺すしかない」ニュースのインタビューで発言 露出身の実業家は懸賞金も

  4. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  5. NHK鈴木奈穂子アナ「あさイチ」ドタバタハプニングを視聴者フォロー「これぞ神回」