10月2日に熊台交流推進講演会 熊本・益城町

産経ニュース

熊本県民に台湾について知る機会を提供しようと、「熊台交流推進講演会」が10月2日、熊本県益城町の町文化会館で開かれる。

明治・大正期、日本統治下の台湾に渡って児童教育に尽力した志賀哲太郎の顕彰会が主催で、日台交流を進める活動の一環として企画した。半導体世界大手の台湾積体電路製造(TSMC)が熊本県菊陽町に新工場を建設中で、熊本県には台湾から技術者や観光客が訪れることが見込まれることから、県民がホスピタリティーの心をもって台湾の人々を迎えることができるように台湾について理解を深めてもらうのが目的。

日本李登輝友の会会長で、台湾の歴史や日本との関わりついて造詣の深い東京工業大学名誉教授の渡辺利夫氏が「台湾と日本のかけはしとなった先人たち」と題して講演。台湾の発展と日台の絆の形成に貢献した日本人を紹介する。会場ロビーでは、志賀哲太郎らについてのパネル展も開催する予定。

10月2日午前10時からで、参加費は無料。問い合わせは、志賀哲太郎顕彰会事務局の折田豊生さん(090・8399・4854)。

  1. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  2. 名脇役の斎藤洋介さんが死去 69歳、人知れずがんで闘病

  3. ロシア大敗、反攻猛進撃のワケ ウクライナが東部要衝奪還、東京なら1・4倍の広さ 「プーチン大統領は四面楚歌状態」渡部氏

  4. 【許さない 未解決事件のいま】(3)ポツンと一軒家の惨劇 私的懸賞で解決願う長男 茨城高齢夫婦殺害

  5. 中村玉緒の息子・鴈龍さん、孤独死していた…55歳