サル痘感染者、国内5例目

産経ニュース
東京都庁=東京都新宿区(福島範和撮影)
東京都庁=東京都新宿区(福島範和撮影)

東京都は21日、アフリカや欧米で感染が広がるウイルス感染症「サル痘」について、都内で4例目の感染者を確認したと発表した。国内での感染確認は5例目。

都によると、感染者は都内に住む60代男性で、海外渡航歴はないが発症前に海外から訪日中の人物と接触していた。都はこの人物が感染者かどうか調査している。

男性は都内の医療機関に入院しており、発疹の症状があるが状態は安定しているという。都内では7月に国内初の感染者が確認された。

  1. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  2. 名脇役の斎藤洋介さんが死去 69歳、人知れずがんで闘病

  3. ロシア大敗、反攻猛進撃のワケ ウクライナが東部要衝奪還、東京なら1・4倍の広さ 「プーチン大統領は四面楚歌状態」渡部氏

  4. 中村玉緒の息子・鴈龍さん、孤独死していた…55歳

  5. 「ロシア軍崩壊」英機密報告書が予測 エリツィンの義息離反、兵器も旧式を投入するほど枯渇か 「プーチン氏余命2、3年」重病説消えず