「ママ友」に求刑通り懲役15年 5歳児餓死、母親と共謀 福岡地裁

産経ニュース
赤堀恵美子被告
赤堀恵美子被告

福岡県篠栗町で令和2年、碇利恵被告(40)=保護責任者遺棄致死罪で懲役5年、控訴=の5歳だった三男を餓死させたとして、同罪などに問われた「ママ友」の赤堀恵美子被告(49)に対する裁判員裁判の判決公判が21日、福岡地裁で開かれ、冨田敦史裁判長は求刑通り懲役15年の判決を言い渡した。

判決によると、碇被告と共謀し、元年8月ごろから三男、翔士郎ちゃんの食事を減らし、2年4月18日、餓死させた。

生活保護費など計約200万円を碇被告からだまし取るなどしたとして、詐欺と窃盗の罪にも問われていた。

  1. 安倍元首相に18万人超が「デジタル献花」

  2. NHK「ちむどんどん」草苅正雄、親子出演に朝ドラファン感動「迫真の演技」「マユちゃん大人になった」

  3. 【虎のソナタ】井端さん、鳥谷さんが絶賛する現役一塁手は?

  4. 残り3話!NHK朝ドラあすの「ちむどんどん」9月28日OA第123話あらすじ 暢子(黒島結菜)の新店「やんばるちむどんどん」開店前日に思わぬ事件が…

  5. 【ニュース裏表 平井文夫】「国葬欠席」のSNS掲載 批判相次ぐ立民の蓮舫、辻元両参院議員 情けなく恥ずかしい…ジョージアの大使に教えられた死者への敬意