スマホのゲームアプリで緑内障を早期発見 東北大と仙台放送が共同開発し特許取得

患者自身が気付けるツールを

中澤教授によると、緑内障は40代から徐々に発症するが、多くの場合が定年退職後に視野の異常に気付き、手遅れという人も少なくないという。高齢で失明すると、生活やコミュニケーションにも支障を来し、認知機能の低下につながるリスクも懸念される。

「どうしてもっと早く気づけなかったのか」と後悔する患者と多く接する中、「患者が能動的に参加できる方法で気づきを与えられないか」と考案したのがスマートフォン用のアプリ「METEOR BLASTER」(メテオ ブラスター)だ。

宇宙空間を舞台としたシューティング系ゲームで、画面中央に飛んでくる隕石を破壊しながら宇宙空間のあちこちに登場する星(=白い光)も捉える。片目ずつ交互に計5分間、視点を中心から動かないようにしながら周囲の変化を認識できるかどうかを試すことでユーザーの視野の範囲を簡易的に判定する。

左右の視野の状況を総合的に判定して表示する(仙台放送提供)
左右の視野の状況を総合的に判定して表示する(仙台放送提供)

「近視の要因にもなっているスマホを緑内障の早期発見に使うという矛盾もあるが、スマホにも一長一短があり、どううまく使うかが問題」という中澤教授。「これまで難しいとされてきた緑内障の早期発見につながることは意義がある。医療としての診断行為ではないが、まずは患者自身に気付きを与えられる機会になれば」と期待を示す。

ゲームとしての成績(隕石破壊数、光体キャプチャー数、総合得点)を表示(仙台放送提供)

共同開発を行った仙台放送は、東北大学の川島隆太教授が監修した脳を活性化させるミニゲーム「脳トレ」の開発を手掛けたことでも知られる。体験版は同社のホームページから無料で公開している。同社は今後、精度の向上やさらなる機能拡張を図りながら「「eスポーツによる目の健康促進」」という観点で社会実装を目指すとしており、スマートフォン以外にも大画面やVRの活用も視野に入れているという。

  1. NHK朝ドラ「舞いあがれ!」第11週で柏木学生(目黒蓮)が舞(福原遥)をハグ! 刈谷先輩(高杉真宙)も再登場か?

  2. 現役ドラフト12球団の移籍選手一覧

  3. NHK朝ドラあすの「舞いあがれ!」12月9日OA第50話あらすじ 特訓が続き舞(福原遥)が発熱、悠人(横山裕)は両親に近づこうとせず…

  4. 「殺害」も示唆 プーチン大統領の盟友が公然批判 要衝ヘルソン撤退でタブーだった批判が噴出 国内の権力闘争が激化する可能性も

  5. NHK「舞いあがれ!」柏木学生(目黒蓮)にツッコむ倫子(山崎紘菜)に朝ドラファン共感「初恋でバグってる」