暴行の陸士長に停職2カ月 陸自第7師団

産経ニュース

陸上自衛隊第7師団(北海道千歳市)は20日、指導中に2人の後輩隊員を蹴ったなどとして、第73戦車連隊の男性陸士長(20)を停職2カ月の懲戒処分とした。この陸士長の暴行を認知しながら上司に報告しなかったとして、同連隊の50代の男性幹部自衛官も減給30分の1(1カ月)とした。

第7師団によると、陸士長は令和3年12月と今年5月、勤務などに関する指導中、それぞれ別の後輩隊員の太ももを蹴ったとしている。

今年4月に匿名の通報があり発覚した。陸士長は「指導を受ける態度に激高した」と話している。

  1. 安倍元首相に18万人超が「デジタル献花」

  2. 【虎のソナタ】井端さん、鳥谷さんが絶賛する現役一塁手は?

  3. NHK「ちむどんどん」草苅正雄、親子出演に朝ドラファン感動「迫真の演技」「マユちゃん大人になった」

  4. 【ニュース裏表 平井文夫】「国葬欠席」のSNS掲載 批判相次ぐ立民の蓮舫、辻元両参院議員 情けなく恥ずかしい…ジョージアの大使に教えられた死者への敬意

  5. 残り3話!NHK朝ドラあすの「ちむどんどん」9月28日OA第123話あらすじ 暢子(黒島結菜)の新店「やんばるちむどんどん」開店前日に思わぬ事件が…