薬学の知識を悪用か 「夫婦仲悪い」家庭内別居

産経ニュース
警視庁池上署に入る吉田佳右容疑者=16日午前、東京都大田区(松井英幸撮影)
警視庁池上署に入る吉田佳右容疑者=16日午前、東京都大田区(松井英幸撮影)

東京都大田区のマンション一室で妻(40)に有毒のメタノールを飲ませて殺害したとして、殺人容疑で逮捕された製薬大手「第一三共」の研究員、吉田佳右(けいすけ)容疑者(40)=同区西馬込=。妻とは会社の同期で、お互いに薬学の知識が豊富だったとされる。人を助けるはずの薬学の知識を悪用し、凶行に及んだのはなぜなのか。

16日午前8時54分、吉田容疑者を乗せた護送車両は、警視庁池上署に到着した。捜査員に促されて車両から降りた吉田容疑者は、目や耳を覆う長髪に紺色の上衣、カジュアルな水色のTシャツ姿。報道陣から向けられたカメラに目を伏せながらも、しっかりとした足取りで署へ入った。

捜査関係者などによると、吉田容疑者は北海道大大学院を修了後、第一三共に入社し、研究員として薬品の研究や開発を担当。働きながら千葉大大学院医学薬学府で学び、博士号を取得、米国の大学にも留学していた。妻の容子さんは神戸大農学部卒業後、京大大学院に進学した。

関係者によると、容子さんとは会社の同期で、平成22年に結婚。容子さんは退職し、別の会社に就職した。だが、5年以上前から夫婦関係が悪化し、家庭内別居状態だったという。事件前もけんかが絶えず、吉田容疑者は「夫婦仲が悪かった」と説明。容子さんの死後、吉田容疑者は会社に出勤していなかった。

同じマンションに住む女性は「朝、会社行くときに普通にあいさつをしていた。奥さんがかわいそう…」と声を落とした。別の住人の女性は「家族連れの多いマンションで、怖い。信じられない」と驚きをあらわにした。

第一三共は16日、「社員が逮捕されたことを大変重く受け止めており、警察の捜査に全面的に協力し、事実関係を確認した上で、厳正に対処する」とのコメントを出した。

妻を中毒死、殺人容疑で夫逮捕 メタノール混入か

メタノール摂取すると… 専門家「少量でも重大な後遺症」


  1. 安倍元首相に18万人超が「デジタル献花」

  2. 【虎のソナタ】井端さん、鳥谷さんが絶賛する現役一塁手は?

  3. NHK「ちむどんどん」草苅正雄、親子出演に朝ドラファン感動「迫真の演技」「マユちゃん大人になった」

  4. 残り4話!NHK朝ドラあすの「ちむどんどん」9月27日OA第122話あらすじ 房子(原田美枝子)がやんばるにやってきた目的は…

  5. 【ニュース裏表 平井文夫】「国葬欠席」のSNS掲載 批判相次ぐ立民の蓮舫、辻元両参院議員 情けなく恥ずかしい…ジョージアの大使に教えられた死者への敬意