女ら預金引き出し求め銀行籠城 経済危機レバノン1日2件

産経ニュース
預金者に窓ガラスを破壊された銀行=14日、ベイルート(AP)
預金者に窓ガラスを破壊された銀行=14日、ベイルート(AP)

深刻な経済危機が続くレバノンからの報道によると、首都ベイルートで14日、女が仲間と共に銀行に一時籠城して火を付けるなどと脅し、引き出しが規制されている預金から約1万3千ドル(約185万円)を持ち出した。国内の別の銀行でも14日、武装した男が押し入って預金の引き出しを要求する事件があった。

レバノンの銀行は外貨預金の引き出しを制限中で、1月と8月にも同じような事件が起きている。生活に苦しむ市民からは今回も女らの行動を称賛する声が出ているという。

報道によると、女はがんにかかっている家族の治療費のために預金の引き出しを要求していた。銃のようなものも持っていたが、偽物だったとの報道もある。

レバノンは2020年3月にデフォルト(債務不履行)を宣言。通貨が大幅下落して物価が高騰、失業者も増えている。(共同)

  1. 安倍元首相に18万人超が「デジタル献花」

  2. 【虎のソナタ】井端さん、鳥谷さんが絶賛する現役一塁手は?

  3. NHK「ちむどんどん」草苅正雄、親子出演に朝ドラファン感動「迫真の演技」「マユちゃん大人になった」

  4. 【ニュース裏表 平井文夫】「国葬欠席」のSNS掲載 批判相次ぐ立民の蓮舫、辻元両参院議員 情けなく恥ずかしい…ジョージアの大使に教えられた死者への敬意

  5. 残り3話!NHK朝ドラあすの「ちむどんどん」9月28日OA第123話あらすじ 暢子(黒島結菜)の新店「やんばるちむどんどん」開店前日に思わぬ事件が…