ダイドーとアサヒ飲料、自販機事業で提携 来年1月に新会社設立、商品の相互販売も拡大

産経ニュース
オンラインで記者会見したダイドードリンコの中島孝徳社長(左)と、アサヒ飲料の米女太一社長=15日午後
オンラインで記者会見したダイドードリンコの中島孝徳社長(左)と、アサヒ飲料の米女太一社長=15日午後

ダイドードリンコとアサヒ飲料は15日、自動販売機事業で包括的な業務提携を行うと発表した。両社の自販機事業の子会社6社を一体的に運営する共同出資の新会社を来年1月に設立することが柱。原材料価格の高騰や物流費の上昇に直面する中、事業運営の効率化で収益力を引き上げる。

新会社「ダイナミックベンディングネットワーク」は、ダイドーが66・6%、アサヒ飲料が33・4%を出資し、来年1月に大阪市北区に設立する。今回の提携で対象となる自販機の台数はダイドー側が約13万台、アサヒ飲料側が約7万台。運営の効率化を進め、将来的な人手不足に先手を打つ狙いもある。

ダイドーは自販機の管理で、あらゆるモノがネットにつながる「IoT」技術の活用に強みを持つ。新会社傘下の各社にこうしたノウハウを導入し、生産性を高める。また、両社は平成30年以降、自販機で主力商品の相互販売を行っているが、来年3月以降に品目数を追加する。このほか、ダイドー商品の一部の製造をアサヒ飲料が受託する。

オンラインで記者会見したダイドーの中島孝徳社長は「今回の業務提携で、自販機市場での確固たる優位性を確立していきたい」と強調。アサヒ飲料の米女太一社長は「健全な競争環境は保ちながら、非競争領域である運営の効率化を両社で図り、自販機ビジネスの成長・発展に大きく貢献すると考えている」とした。

  1. 「もううんざり」国連勤務の露外交官、侵攻批判し辞職

  2. 安倍元首相銃撃事件で注目「旧統一教会」桜田淳子の現在地 34歳で合同結婚式に出席、テレビや舞台から去り…女優の道は閉ざされた

  3. NHK鈴木奈穂子アナ「あさイチ」ドタバタハプニングを視聴者フォロー「これぞ神回」

  4. 〝プーチン暗殺〟米上院議員が呼びかけ 「あの男を殺すしかない」ニュースのインタビューで発言 露出身の実業家は懸賞金も

  5. 【衝撃事件の核心】屈強な「佐川男子」、暴力団員すら圧倒 世にも奇妙な恐喝未遂事件の一部始終