なぜ山善の「焼肉グリル」は25万台も売れたのか 開発のヒントが面白い

ITメディア
第1弾の「XGRILL」は、2020年7月に発売
第1弾の「XGRILL」は、2020年7月に発売

家電量販店のホットプレート売り場に足を運ぶと、たくさんの商品が並んでいる。オシャレなデザインをウリにしていたり、プレートを薄くして軽いことをアピールしていたり、一人でも楽しめるサイズであったり。そんな中で、肉を焼いたときにでてくる煙を抑え、油が飛び散るのを少なくしたアイテムが売れている。山善の「焼肉グリルシリーズ」だ。

同社の既存商品と煙の量を比較(右が「XGRILL」)
同社の既存商品と煙の量を比較(右が「XGRILL」)

「いやいやいや。他社からも同じようなモノが出てるでしょ。商品の箱に『煙が少ない』『油ハネを抑えた』と書かれた製品があるし。それとどう違うの?」と思われたかもしれないが、あとで紹介するのでもう少しお待ちいただきたい。

「焼肉グリルシリーズ」の第1弾は、2020年7月に登場した。以前から、同社でもホットプレートは扱っていたものの、「年間1万台ほど売れれば『まずまず』といった評価でした」(担当者)。しかし、である。第1弾の「XGRILL」(5478円)を投入したところ、2カ月で1万台を超えたのだ。

その数字に満足して、「やれやれ。今年のボーナスはちょっと期待できるかなあ」とカルビの上を食べながら、喜びの余韻にひたっていてもおかしくはなかったはずだが、第2弾の登場が速い。翌21年4月に、マルチスペースを設置した「XGRILL +PLUS」(7678円)を発売したところ、こちらも売れに売れた。

先ほど「年に1万台ほど売れれば『まずまず』」といった話をしたが、21年9月時点で累計11万台を出荷。つまり、1年半ほどなので、1万5000台売れれば「まずまず」であるのに対し、7倍ほどの数字をたたき出したのだ。となるとカルビ上に加えてハラミの特上を堪能して、温泉にでもつかりたい気分である。「え、ひょっとして、第3弾もすぐに登場したの?」と思われたかもしれないが、その通りである。

21年9月に、さらに進化した「XGRILL PREMIUM」を投入したところ、こちらも人気を博していて、22年7月時点で累計25万台も売れているのだ。しかも「XGRILL PREMIUM」の価格は1万9800円である。第1弾のモノと比べると、価格は4倍ほどであるにもかかわらず、好調に推移しているという。

  1. 名脇役の斎藤洋介さんが死去 69歳、人知れずがんで闘病

  2. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  3. 中村玉緒の息子・鴈龍さん、孤独死していた…55歳

  4. 【スクープ最前線】「核テロ」か「亡命」か 窮鼠のプーチン大統領が狂乱状態に 「台湾統一」難しくさせたと習主席は激怒 盟友から一変、首脳会議で何が

  5. きよ彦さん死去…毒舌キャラでタレントとしても人気集めた着物デザイナー