阪神・梅野、決めたV2点三塁打 難敵・森下撃ち3度目追いつきコイ倒3位死守

サンスポ
1点を追う六回、梅野が2点三塁打を放つ。ついに試合をひっくり返した(撮影・水島啓輔)
1点を追う六回、梅野が2点三塁打を放つ。ついに試合をひっくり返した(撮影・水島啓輔)

こんな姿を見たかったんや! 阪神は14日、広島に6-5で勝利。1点を追う六回、梅野隆太郎捕手(31)の2点三塁打で逆転に成功し、逃げ切った。負ければリーグ優勝の可能性が消滅する一戦を制し、4位・巨人に1・5ゲーム差、5位に転落した鯉に2ゲーム差をつけた。攻・走・守の活躍で3位を死守。ようやった、梅ちゃん!

五回、糸原の犠飛で梅野はヘッドスライディングで生還(捕手は会沢)
五回、糸原の犠飛で梅野はヘッドスライディングで生還(捕手は会沢)

打った。走った。守った。3位死守へ、絶対に負けられない試合で梅野の魅力が凝縮され、虎が死闘を制した。

「いいところで打てることもなく、自分の中でふがいないと思いながらも、試合を毎試合、毎試合積み重ねて、いつかこういう日が来るだろうと思って、しっかりと試合前の練習からしっかりとやっていた。本当に良かったなと思います」

泥だらけのお立ち台。同い年の岩崎に「勝つばい」を先取りされ、プッと吹き出した。

3-4と3度目のビハインドを背負った直後の六回1死一、二塁だ。追い込まれてもファウルで粘って、森下の149キロを右中間にはじき返した。元阪神の今成亮太氏がかつて「イノシシ」と表現した快足を飛ばし、今季初の三塁打。試合をひっくり返し、今季15イニングで1得点しか奪えなかった森下に6失点を浴びせて、マウンドから引きずり下ろした。

八回には湯浅のワンバウンド投球を好捕した

「弾ける」をテーマに虎9年目に臨んだ。6年連続で開幕スタメンこそ守ったが、すぐに坂本との併用となった。

「同学年でいえば岩貞だったり原口だったり、たくさんいる中で、本当に自分たちが引っ張っていかないといけない世代になってきている」

31歳シーズン。最もアブラが乗る年齢。それがチームの勝利につながり、これからの野球人生をさらに豊かにするものだとは分かっていた。しかし、持ち味の打撃は得点圏で打率2割前半と低迷。併殺打はビシエド(中日、18)に次ぐ16個と焦る気持ちが直結した。チームは球団ワースト記録の零封負け25度。扇の要として投手の気持ちを誰よりも考える梅野は自分自身が情けなかった。だからこそ、肉を切らせて骨を断つような勝利に「本当に、この勝利はチームにとっても大きい。こういうゲームを取るというのはチームも全体的に上がってくる」と心の底から喜んだ。

  1. 名脇役の斎藤洋介さんが死去 69歳、人知れずがんで闘病

  2. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  3. 中村玉緒の息子・鴈龍さん、孤独死していた…55歳

  4. 立民・辻元氏は「ブーメランのプロ」 旧統一教会関連団体の勉強会参加、維新・馬場氏が苦言 国葬当日、党の公表に「卑劣なやり方」政治学者

  5. 立川志らく「洒落がキツすぎます。あんパンの恩返しもまだしていない」 三遊亭円楽さん死去に悲痛