「検察官の証人尋問を」 東住吉女児焼死の国賠訴訟、控訴審初弁論

産経ニュース
控訴審第1回口頭弁論後、記者会見に出席した青木恵子さん(中央)=14日、大阪市内
控訴審第1回口頭弁論後、記者会見に出席した青木恵子さん(中央)=14日、大阪市内

平成7年に大阪市東住吉区で小学6年の女児=当時(11)=が焼死した火災で、殺人などの罪で無期懲役刑が確定し、その後再審無罪となった母親の青木恵子さん(58)が、国と大阪府に損害賠償を求めた訴訟の控訴審第1回口頭弁論が14日、大阪高裁(牧賢二裁判長)であり、青木さん側は捜査を担当した検察官の証人尋問を申請した。

青木さん側は口頭弁論で、捜査当局が起訴前に火災の再現実験を行ったり、専門家の意見を聞いたりすれば、自然発火の可能性も認識できたなどと指摘。起訴の違法性を問うため、捜査を担当した検察官を証人として尋問するよう求めた。高裁が今後、採否を決める。

一方、府は大阪府警による取り調べの違法性を否定。身柄拘束で生じた青木さんの損害について「すべてを警察官の責任とすることは不当」として敗訴部分の取り消しなどを求めた。国は請求棄却を求めた。

3月の1審大阪地裁判決は、青木さんを虚偽の自白に追い込んだ府警の取り調べを違法と認定。計約1億4500万円の賠償請求額のうち約1220万円の支払いを府に命じたが、起訴を判断した検察側の違法性は認めず、国側への請求を棄却した。青木さんは請求額を計2千万円に変更して控訴し、府も控訴した。

青木さんはこの日の法廷で意見陳述し、「国と大阪府には自分たちの間違いを認めて反省し、謝ってもらいたい。二度と冤罪(えんざい)を生み出さないと言ってもらいたい」と訴えた。

  1. 安倍元首相に18万人超が「デジタル献花」

  2. 【虎のソナタ】井端さん、鳥谷さんが絶賛する現役一塁手は?

  3. NHK「ちむどんどん」草苅正雄、親子出演に朝ドラファン感動「迫真の演技」「マユちゃん大人になった」

  4. 【ニュース裏表 平井文夫】「国葬欠席」のSNS掲載 批判相次ぐ立民の蓮舫、辻元両参院議員 情けなく恥ずかしい…ジョージアの大使に教えられた死者への敬意

  5. 残り4話!NHK朝ドラあすの「ちむどんどん」9月27日OA第122話あらすじ 房子(原田美枝子)がやんばるにやってきた目的は…