DeNA・今永劇場 打って逆転!投げて10勝、自身最長6連勝「自分の投球ができてホッとしている」

サンスポ
今永は打撃でも活躍。四回に原から逆転の2点打を放った(撮影・長尾みなみ)
今永は打撃でも活躍。四回に原から逆転の2点打を放った(撮影・長尾みなみ)

エースが仁王立ちだ!! セ・リーグ2位のDeNAは12日、ヤクルト21回戦(横浜)に7―1で快勝した。今永昇太投手(29)が7回4安打1失点、打っても四回に決勝の逆転2点打を放つなど2安打をマーク。自身最長の6連勝で、3年ぶりの2桁に達する10勝目を挙げた。首位・ヤクルト戦の連敗を5で止め、奇跡の逆転優勝を信じて残り4試合の直接対決に死力を尽くす。

4回 今永昇太の2点適時打に喜びを爆発させるDeNAナイン=横浜スタジアム(撮影・長尾みなみ)
4回 今永昇太の2点適時打に喜びを爆発させるDeNAナイン=横浜スタジアム(撮影・長尾みなみ)

投げて、打って、これがハマのエースだ。今永が自ら決勝打を放ち、自己最長の6連勝で3年ぶりの2桁勝利をマーク。今季初の中5日で首位・ヤクルトに大きな1勝を挙げ、涼しげな表情でお立ち台に上がった。

「試合に入ったら相手がどうとかは関係ない。自分の投球ができて、ホッとしている」

一回、山田に被弾。二回以降もたびたび得点圏に走者を背負ったが、ゼロを並べた。4番・村上には一回2死無走者で、丁寧に外角を攻めて遊ゴロ。三回2死三塁では際どいところを突き、3ボールとなった後に申告敬遠。五回2死無走者では一転して内角直球を4球投じて左飛に打ち取り、チームとして2戦連続で無安打に封じた。

  1. 「もううんざり」国連勤務の露外交官、侵攻批判し辞職

  2. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  3. 〝プーチン暗殺〟米上院議員が呼びかけ 「あの男を殺すしかない」ニュースのインタビューで発言 露出身の実業家は懸賞金も

  4. ロシア大敗、反攻猛進撃のワケ ウクライナが東部要衝奪還、東京なら1・4倍の広さ 「プーチン大統領は四面楚歌状態」渡部氏

  5. 「ロシア軍崩壊」英機密報告書が予測 エリツィンの義息離反、兵器も旧式を投入するほど枯渇か 「プーチン氏余命2、3年」重病説消えず