大谷3打数1安打 「3番DH」でガーディアンズ戦

産経ニュース
ガーディアンズ戦の8回、左前打を放つエンゼルス・大谷=クリーブランド(共同)
ガーディアンズ戦の8回、左前打を放つエンゼルス・大谷=クリーブランド(共同)

米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平は12日、クリーブランドでア・リーグ中地区首位のガーディアンズ戦に「3番・指名打者」で先発出場。3打数1安打、1四球で打率2割6分7厘。

前日11日のアストロズ戦では右手1本で右中間スタンドへ34号2ランを放つなど登板翌日の好調ぶりを発揮、日米通算で500打点と800安打を達成した。8月29日のヤンキース戦以来の2試合連発が期待された。

相手先発は長身左腕ピルキントン。一回2死走者なしの第1打席はストレートの四球。四回先頭の第2打席は浅い左飛。トラウトの一発で同点に追いついた直後の五回2死走者なしの第3打席はいい当たりの中飛。1点を勝ち越された後の八回1死走者なしの第4打席は4番手右腕ステファンから外角高めのフォーシームにバットを合わせて左前打。一発は出なかった。

トラウトは五回に35号2ランを放ち、7試合連続本塁打としてメジャー記録の8試合に王手をかけた。

試合は4-5で敗れた。

なお、七回裏にヒメネスへの死球かどうかの騒動で、ガーディアンズのフランコーナ監督、エンゼルスのメビン監督代行が退場となった。

  1. 名脇役の斎藤洋介さんが死去 69歳、人知れずがんで闘病

  2. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  3. 中村玉緒の息子・鴈龍さん、孤独死していた…55歳

  4. 【スクープ最前線】「核テロ」か「亡命」か 窮鼠のプーチン大統領が狂乱状態に 「台湾統一」難しくさせたと習主席は激怒 盟友から一変、首脳会議で何が

  5. きよ彦さん死去…毒舌キャラでタレントとしても人気集めた着物デザイナー