ソフトバンク・柳田悠岐が現役引退の阪神・糸井へ「今の自分があるのも嘉男さんのおかげ」

サンスポ
試合前にティー打撃するソフトバンク・柳田
試合前にティー打撃するソフトバンク・柳田

ソフトバンク・柳田悠岐外野手(33)が13日、現役引退会見を同日開いた阪神・糸井嘉男外野手(41)について、球団を通じてコメントを寄せた。

「嘉男さん、長い間現役生活お疲れさまでした。プロに入ってからもずっと憧れの存在でした。まだ未熟な自分にも、優しく接してくださり色々なことを教えていただきました。オフ期間には一緒に自主トレをさせていただき多くのことを学びました。今の自分があるのも、嘉男さんのおかげだと思います」

柳田にとって糸井は、グアムや浜松で自主トレをともにした先輩。同じ右投げ左打ちの外野手として、糸井の背中を追いかけてきた。この日、柳田は自身のインスタグラムを更新して感謝を表現するなど、師として慕ってきた大先輩の決断を尊重した。

「一緒にフィールドに立てないことは寂しいですが、最後に筑後で打ったホームランは忘れません。これからはゆっくり休んでください。ありがとうございました」

柳田が挙げたのは、9月1日のウエスタン・阪神戦(タマホーム筑後)。新型コロナ陽性から復活を目指す柳田が「1番・指名打者」で出場。糸井も同じく「1番・指名打者」で出場すると、一回に先頭打者弾を放った。柳田は相手チームながら、自分のことのように喜んでいた。師の思いを背負って、これからも「チーム超人」を受け継いでいく。

  1. NHK朝ドラ「ちむどんどん」ハワイで成功、3児の母…金吾(渡辺大知)と早苗(高田夏帆)の近況に視聴者興味津々も「賢吉は?」

  2. 残り2話!NHK朝ドラあすの「ちむどんどん」9月29日OA第124話あらすじ 歌子(上白石萌歌)の体調に異変が…

  3. NHK「ちむどんどん」草苅正雄、親子出演に朝ドラファン感動「迫真の演技」「マユちゃん大人になった」

  4. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  5. 立民・辻元氏は「ブーメランのプロ」 旧統一教会関連団体の勉強会参加、維新・馬場氏が苦言 国葬当日、党の公表に「卑劣なやり方」政治学者