竜将一問一答

今季の阪神戦負け越し決定・・・甲子園で1勝9敗に立浪監督「来年の課題」

サンスポ
8回、選手交代を告げる中日・立浪和義監督=甲子園球場(撮影・水島啓輔)
8回、選手交代を告げる中日・立浪和義監督=甲子園球場(撮影・水島啓輔)

(セ・リーグ、阪神6―2中日、25回戦、阪神13勝12敗、12日、甲子園)中日は中盤以降に失点を重ねて敗戦。今季の阪神戦の負け越しが決まった。試合後の立浪和義監督(53)の主な一問一答は以下の通り。

――先制した一回に追加点が奪えなかった

「いい形で先制はできたんですけど、結果、そのあとに点が取れなかったのでね」

――柳は六回途中8安打3失点。投球をどう見ていたか

「立ち上がりは、やられてはいけないということで相当、力を入れて投げていたと思うんですけど、きょうはストライクを先行していく、という(テーマ)なかで、やっぱりどうしてもボールが先行した。そういう場面が多かったので、その辺じゃないですかね。結局、球数も増えてしまっているし、もちろん六回で代える選択肢もあったんですけど、何とか勝ちも付けてやりたいし、粘ってほしかったですけど」

――2年連続で規定投球回はクリアした

「勝ち星とかそういったこともあるけれども、打者なら規定打席とかも、一つの勲章でもありますし、投手であれば規定投球回数というのはやっぱり1年間やったという証しだと思うので。2年連続って投手は結構、難しいと思うんですけど、残り試合、もう1、2回ありますし、来年につながるように。来年以降も軸になって回ってもらわないといけない投手なので」

――後半戦以降、空振りが取れないところがある

「真っすぐは(相手打者が)スピードガン以上の切れを感じていないのか、打たれるケースも多いですし、だから一生懸命、コースを狙って、結果、カウントを悪くしてやられるという、そこは続いているので。それは本人が一番、分かっていると思うんですけど」

――阪神戦は今季負け越し。12勝13敗だが、甲子園では1勝9敗

「来年の課題ですね。1つしか勝っていないですし。阪神の投手は球が速い投手が多いので、それがバンテリンでやっても一緒なんでしょうけど、バンテリンの方がまだ点を取られていないと思うので、そういう成績になっているんだと思います。速いボールへの対策というのは来年に向けての課題かなと思います」

  1. 残り4話!NHK朝ドラあすの「ちむどんどん」9月27日OA第122話あらすじ 房子(原田美枝子)がやんばるにやってきた目的は…

  2. 【ニュース裏表 平井文夫】「国葬欠席」のSNS掲載 批判相次ぐ立民の蓮舫、辻元両参院議員 情けなく恥ずかしい…ジョージアの大使に教えられた死者への敬意

  3. NHK朝ドラ「ちむどんどん」比嘉家で食堂オープン!?暢子(黒島結菜)の夢に視聴者の声は?

  4. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  5. 【虎のソナタ】井端さん、鳥谷さんが絶賛する現役一塁手は?