横浜が10点快勝8強進出 4番・椎木が先制打含む4打点/秋季神奈川大会

サンスポ
4打数2安打4打点の横浜・椎木卿五捕手(撮影・山口泰弘)
4打数2安打4打点の横浜・椎木卿五捕手(撮影・山口泰弘)

高校野球秋季神奈川大会(11日、横浜10―3武相、保土ヶ谷)横浜が4回戦で武相に10―3で快勝。初戦から3試合連続で10得点を挙げ、8強進出を決めた。初めて4番打者で先発出場した椎木卿五(けいご)捕手(1年)が、先制打を含む2安打4打点と活躍した。

「すごくいいイメージで打席に入れています。ボールが見えて、間がつくれています」

178センチ、78キロの右打者は一回、先制の2点中前打。四回2死満塁で2点右前打を放った。前日10日の金沢戦では左翼席場外に運ぶ高校初本塁打を放っており、2日連続で勝利に導いた。

父の匠さんは1990年から中日、ロッテ、西武で通算16年プレーした元プロ野球選手。父と同じく捕手を務める息子は、今夏の甲子園大会に背番号12でベンチ入りした。新チームで2番を背負う。「(父を)超えられるような選手になりたい」と目を輝かせた。(山口泰弘)

  1. NHK鈴木奈穂子アナ「あさイチ」ドタバタハプニングを視聴者フォロー「これぞ神回」

  2. NHK朝ドラあすの「舞いあがれ!」10月7日OA第5話あらすじ 参加した校外学習で舞(浅田芭路)がケガ、めぐみ(永作博美)は…

  3. 「もううんざり」国連勤務の露外交官、侵攻批判し辞職

  4. 川口春奈主演「silent」Snow Man目黒蓮の迫真の演技に視聴者号泣「すごいドラマ」「毎週泣く自信ある」

  5. 〝プーチン暗殺〟米上院議員が呼びかけ 「あの男を殺すしかない」ニュースのインタビューで発言 露出身の実業家は懸賞金も