東洋大・高橋昭雄前監督の通夜に約1000人が参列 教え子の上武大・谷口監督「生涯青春のような人生だった」

サンスポ
前東洋大監督・高橋昭雄氏の通夜。祭壇はボール型にデザインされ、ユニホーム姿の遺影、棺に参列者は手を合わせた(撮影・赤堀宏幸)
前東洋大監督・高橋昭雄氏の通夜。祭壇はボール型にデザインされ、ユニホーム姿の遺影、棺に参列者は手を合わせた(撮影・赤堀宏幸)

7日に74歳で死去した東洋大野球部前監督、高橋昭雄氏の通夜が11日、前橋市内で営まれ、野球関係者ら約1000人が参列。46年間、指揮を執った大学のユニホーム姿で眠る故人の棺に手を合わせた。

1972年に母校の監督に就任し、2007年秋から戦後初の東都大学リーグ5連覇を達成。優勝18度を誇り、17年限りで退任するまで1部最多の542勝を挙げた。

焼香をすませた教え子の松沼雅之氏(66)=元西武=は「初優勝の前の夜に、監督室に泊まったことが一番の思い出。1年春の2戦目から使ってもらい、野球人生を開いてくれた」と思い出を語った。清水隆行氏(48)=元巨人=は「『とことん考え、真剣に全力でやりなさい』と言われた。野球以外で厳しく指導していただいたものが今も生きている」としみじみと話した。

同じく教え子の上武大・谷口英規監督(53)は「生涯青春のような人生だったと思う。恩人であり、父親のような存在だった」と感謝した。

  1. NHK朝ドラあすの「舞いあがれ!」12月9日OA第50話あらすじ 特訓が続き舞(福原遥)が発熱、悠人(横山裕)は両親に近づこうとせず…

  2. 【虎のソナタ】思わぬ大物が阪神へ移籍してくるかも 12・9現役ドラフトは大注目

  3. NHK朝ドラあすの「舞いあがれ!」12月8日OA第49話あらすじ ソロフライト訓練の着陸で舞(福原遥)はまたもセンターラインを外し…

  4. 清瀬汐希が初主演映画で体当たりヌード ベッドシーン撮影になんと4時間

  5. NHK朝ドラ「舞いあがれ!」大河内教官(吉川晃司)を擁護する声続出「フェイルさせて平気なわけじゃないのが背中でわかる」