「鎌倉殿の13人」9月11日OA第35話あらすじ 朝雅の告げ口で畠山家への疑惑が浮上 北条は…

イザ!
鎌倉御所・御堂にて。平賀朝雅(山中崇)を問い詰める北条義時(小栗旬)。(C)NHK
鎌倉御所・御堂にて。平賀朝雅(山中崇)を問い詰める北条義時(小栗旬)。(C)NHK

俳優・小栗旬が主人公の北条義時を演じ、源平合戦から鎌倉幕府誕生、そして政権の継承をめぐって舞台裏で繰り広げられる激しいサバイバルを描くNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」(毎週日曜 BSプレミアム・午後6時~、NHK総合・午後8時~)。これまでの内容を振り返りながら、11日に放送される第35話のあらすじを紹介する。

「鎌倉殿の13人」これまでのあらすじ

急死した鎌倉幕府初代将軍、源頼朝(大泉洋)の後を継いで、嫡男である頼家(金子大地)が第2代将軍に就いたが、まだ若く政治経験の浅い頼家を支えるため、宿老13人による合議制がとられた。その後、勢力争いによる失脚、自然死、出家などが相次ぎ、頼家が病に倒れると、回復の見込みが立たない頼家の後継者選びが勃発。北条家と頼家の乳母父である比企家が激しく対立するなか、北条時政(坂東彌十郎)の命で比企能員(佐藤二朗)が討ち取られ、比企家は滅ぼされた。奇跡的に息を吹き返した頼家は事態を知り激怒するが、弟の千幡(嶺岸煌桜)を後継者に据える動きは止められず、失意のなか幽閉先の修善寺で暗殺された。

和田義盛の館にて。「ここに来ると、不思議と心が落ち着く」と話す源実朝(柿澤勇人)ともてなす義盛(横田栄司)、巴(秋元才加)。(C)NHK
和田義盛の館にて。「ここに来ると、不思議と心が落ち着く」と話す源実朝(柿澤勇人)ともてなす義盛(横田栄司)、巴(秋元才加)。(C)NHK

千幡は後鳥羽上皇(尾上松也)から実朝と名付けられ、3代将軍に就任。時政は幼い実朝を支える執権別当となり、幕府の実権をにぎった。

  1. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  2. 佐々木蔵之介が結婚!お相手は一般女性「早々に『完敗宣言』」

  3. 残りあと5話!NHK朝ドラ「ちむどんどん」最終週あらすじ やんばるで食堂を開きたいと考える暢子(黒島結菜)、東京からは房子(原田美枝子)が…

  4. 〝プーチン暗殺〟米上院議員が呼びかけ 「あの男を殺すしかない」ニュースのインタビューで発言 露出身の実業家は懸賞金も

  5. 【ニュースの核心】習主席とプーチン大統領〝共倒れ〟も 中露首脳会談、連携協調も温度差 ロシアの手の内見透かす米国「核のボタン」事前の察知に自信