急に止まれない「電動キックボード」に潜む危険 ヘルメット未着用や飲酒運転、横断歩道を渡るなどルールを理解しない運転手たち

ZAKZAK
利用者が増えている電動キックボード(写真と本文は関係ありません。一部画像処理しています)
利用者が増えている電動キックボード(写真と本文は関係ありません。一部画像処理しています)

都心部を中心に利用者が増えつつある電動キックボードをめぐり、国土交通省は5日の有識者会議で、2024年4月の改正道交法施行に伴い16歳以上に運転免許なしでの運転を認める保安基準の概要を示した。飲酒運転の摘発が相次ぐなど課題もあるが、規制緩和に伴い、自動車などとの事故を起こさないための注意点を専門家に聞いた。

現在の道交法では、電動キックボードは原動機付自転車として分類されていて、運転免許証の所持やヘルメットの装着などが義務付けられている。今年4月に成立した改正道交法では、速度20キロ以下の電動キックボードを新たに「特定小型原動機付自転車」と分類し、16歳以上であれば免許なしで乗車可能で、ヘルメットの着用も任意となる。

24年4月の施行に伴う保安基準では、最高速度を時速20キロ以下に制御する機能や方向指示器、クラクションなどの備え付けが義務付けられる。独立した2系統のブレーキも求める一方、バックミラーやナンバー灯は不要とする。

  1. 「もううんざり」国連勤務の露外交官、侵攻批判し辞職

  2. 安倍元首相銃撃事件で注目「旧統一教会」桜田淳子の現在地 34歳で合同結婚式に出席、テレビや舞台から去り…女優の道は閉ざされた

  3. 〝プーチン暗殺〟米上院議員が呼びかけ 「あの男を殺すしかない」ニュースのインタビューで発言 露出身の実業家は懸賞金も

  4. NHK鈴木奈穂子アナ「あさイチ」ドタバタハプニングを視聴者フォロー「これぞ神回」

  5. 【衝撃事件の核心】屈強な「佐川男子」、暴力団員すら圧倒 世にも奇妙な恐喝未遂事件の一部始終