三浦大知、NHK「あさイチ」で「燦燦」熱唱「フルで聴けた」「朝から耳が幸せ」

イザ!
歌手の三浦大知
歌手の三浦大知

歌手の三浦大知が9日に生放送された情報番組「あさイチ」(NHK総合)に出演し、現在放送中の連続テレビ小説「ちむどんどん」の主題歌「燦燦」を生歌で披露した。ツイッターでは「あさイチ」「三浦大知」などのワードがトレンド入りし、その歌声に視聴者から絶賛の声が相次いだ。

この日は、「ちむどんどん」で主人公の青柳暢子役を演じる女優の黒島結菜がプレミアムトトークのゲストとして出演。夫、和彦役を演じる宮沢氷魚が応援に駆けつける中、三浦が渾身のパフォーマンスを披露した。

三浦は楽曲について、毎朝放送される国民的番組に自身とそのチームが参加することができ「本当にうれしい」と話し、ちむどんどんを象徴する比嘉家の「家族」をテーマに制作した際、昨年亡くなった父方の祖母を思い浮かべたと語った。三浦の祖母は、自分以上に自分を信じてくれ、どんなときも「感謝の気持ちを忘れずに頑張れば大丈夫だから」と毎日自分を励ましてくれていたと言い、「その(祖母が後ろから自分を照らしてくれる)光みたいなものをギュッと一曲に詰め込んだ」と説明した。MCの博多大吉が、「燦燦」と言えば、歌手、美空ひばりさんの「愛燦燦」を思い浮かべると振ると、三浦は、祖母がまさに愛燦燦が好きだったため、祖母からもらった「光」と掛け合わせて、「燦燦」をタイトルにしたと明かした。

番組放送中からSNSには三浦のファンから、「燦燦フルで聴けた」「スタジオはLIVE会場だったね」「朝から耳が幸せです」「朝から元気もらった 仕事頑張るぞ~!」といったコメントがズラリ。またこの曲で赤ちゃんが泣き止むというエピソードが紹介されると、「確かにうちの一歳のちびちゃんも、燦燦すきやな、、はじまったらピタッてとまって、じーっとみて、朝ドラおわってから寝る」「うちの子も大好きで、グズグズ言ってても機嫌良くなる。とてもいい歌で親子共々大好きな歌」「今年3月に産まれたうちの孫も朝ドラが始まってこの曲が流れると一瞬で泣き止んで直視」といった書き込みも相次いだ。

一方、三浦自身は初耳で、「赤ちゃんが泣き止むエピソード とうとう大知さんに届きましたね」「だいちくんと世間にその事実が伝わったことがうれしい(笑)」と喜ぶ視聴者もいた。

三浦はこの日、「みんなのうた」でもおなじみの「 新呼吸」も熱唱し、スタジオを盛り上げた。

  1. 安倍元首相に18万人超が「デジタル献花」

  2. 【虎のソナタ】井端さん、鳥谷さんが絶賛する現役一塁手は?

  3. NHK「ちむどんどん」草苅正雄、親子出演に朝ドラファン感動「迫真の演技」「マユちゃん大人になった」

  4. 【ニュース裏表 平井文夫】「国葬欠席」のSNS掲載 批判相次ぐ立民の蓮舫、辻元両参院議員 情けなく恥ずかしい…ジョージアの大使に教えられた死者への敬意

  5. 残り3話!NHK朝ドラあすの「ちむどんどん」9月28日OA第123話あらすじ 暢子(黒島結菜)の新店「やんばるちむどんどん」開店前日に思わぬ事件が…