WBCプエルトリコ代表 タイガースの名手、ハビアー・バエズ参戦

サンスポ
WBCの優勝トロフィー
WBCの優勝トロフィー

米大リーグ、タイガースのハビアー・バエズ内野手(29)がプエルトリコ代表として来春のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)に出場すると日本時間8日、大会公式ツイッターが伝えた。

メジャー通算911安打、161本塁打。2018年に二塁手としてシルバースラッガー賞を獲得し、20年には遊撃手部門でゴールドグラブ賞受賞の名手。17年大会にも出場し、大会最優秀二塁手に選ばれるなど、プエルトリコの2大会連続準優勝に貢献した。

プエルトリコは日本とは準決勝まで対戦しない1次リーグD組(ベネズエラ、ドミニカ共和国、イスラエル、予選通過国)に組み込まれているが、先発エースのストローマン(カブス)、メッツの守護神ディアスの参加もすでに発表しており、悲願の初Vへのモチベーションの高さをうかがわせる。

トラウト(エンゼルス)を主将に据えた米国を筆頭に、各チームが本気モードのメンバーを続々と発表しており、09年大会以来の世界一奪還を狙う侍ジャパンにとって脅威となりそうだ。

  1. 安倍元首相に18万人超が「デジタル献花」

  2. 【虎のソナタ】井端さん、鳥谷さんが絶賛する現役一塁手は?

  3. NHK「ちむどんどん」草苅正雄、親子出演に朝ドラファン感動「迫真の演技」「マユちゃん大人になった」

  4. 【ニュース裏表 平井文夫】「国葬欠席」のSNS掲載 批判相次ぐ立民の蓮舫、辻元両参院議員 情けなく恥ずかしい…ジョージアの大使に教えられた死者への敬意

  5. 残り3話!NHK朝ドラあすの「ちむどんどん」9月28日OA第123話あらすじ 暢子(黒島結菜)の新店「やんばるちむどんどん」開店前日に思わぬ事件が…