全米女子アマVの馬場咲希、10・20開幕「マスターズGCレディース」推薦枠で出場 主催者からオファー

サンスポ
地元の日野市から表彰状を贈られた馬場はガッツポーズ(撮影・加藤圭祐)
地元の日野市から表彰状を贈られた馬場はガッツポーズ(撮影・加藤圭祐)

8月にゴルフの「全米女子アマ」を日本勢として37年ぶりに制した馬場咲希(17)が10月20~23日開催の「マスターズGCレディース」(兵庫・マスターズGC)に出場することが7日、分かった。主催者から推薦枠での出場オファーが舞い込んだ。

馬場は身長175センチから放つ豪快なドライバーショットが武器。平均飛距離はプロ顔負けの270ヤードを計測する。全米女子アマで1985年の服部道子以来、日本勢2人目の快挙を遂げた「スーパー女子高生」にレギュラーツアーの主催者も熱視線を送っていた。「マスターズGC-」は秋の高額大会(賞金総額2億円)で知られる4日間大会。馬場にとっては、プロ転向前の格好の腕試しになりそうだ。

全米女子アマ優勝後、馬場は8月24日から日本代表の一員としてフランスでの「世界女子アマチュアチーム選手権」に出場し、個人戦で首位と1打差の4位、チーム戦で3位と実力を見せつけた。今後は9月16日開幕の「住友生命レディス東海クラシック」でレギュラーツアーに凱旋出場を果たし、29日開幕の「日本女子オープン」に出場予定。23日開幕のジュニアの大会「宮里藍インビテーショナル supported by SUNTORY」への出場も検討している。

★「日野市民スポーツ栄誉賞」表彰式に 馬場はこの日、出身地の東京・日野市から「日野市民スポーツ栄誉賞」を贈られ、市役所で表彰式に出席。大坪冬彦市長から表彰状と花束を、古賀壮志・日野市議会議長から名産の「ぶどう4品種」を贈呈された。「すごく光栄ですし、とてもうれしい。日野市が大好きです。ぶどうはフルーツの中で一番好き。早速きょう食べます」と笑顔だった。


  1. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  2. 名脇役の斎藤洋介さんが死去 69歳、人知れずがんで闘病

  3. 中村玉緒の息子・鴈龍さん、孤独死していた…55歳

  4. 【スクープ最前線】「核テロ」か「亡命」か 窮鼠のプーチン大統領が狂乱状態に 「台湾統一」難しくさせたと習主席は激怒 盟友から一変、首脳会議で何が

  5. きよ彦さん死去…毒舌キャラでタレントとしても人気集めた着物デザイナー