指揮官一問一答

ソフトバンクは惜敗 藤本監督「あした勝って勝ち越しを…全部勝つのは難しいので」

サンスポ
ソフトバンクは六回、デスパイネが左越えに本塁打を放つ
ソフトバンクは六回、デスパイネが左越えに本塁打を放つ

(パ・リーグ、ソフトバンク3-4楽天、ソフトバンク11勝9敗、20回戦、7日、ペイペイD)ソフトバンクは打線が追い上げたが、わずかに及ばず。先発・石川柊太投手(30)は6回3失点で9敗目を喫した。試合後、藤本博史監督(58)が代表取材に応じた。主な一問一答は以下の通り。

--九回2死一塁から中村晃が2ラン。粘りは見せた

「ですね」

--五回2死二塁で一塁・三森が失策で追加点を献上するなど、失点にミスが絡んだ

「ミスはつきものですけどね」

--五回は四球、六回は死球で先頭打者を出して失点した

「そこだけですね。走者を出してからは、石川もよく粘っていたんですけどね。6回3失点(自責2)。1つはエラーですから。粘りは見せてくれましたね」

--七回無死一塁、中村晃が一直で併殺に

「引っ張りにいくのが妥当だからね。走者がいる状況で。走者が一塁にいて(一、二塁間が)広いんだから。狙いはよかったんじゃないですか」

--二回に正木が二塁打を放つなど(1安打1四球)起用に応えた

「期待通りですね。左(投手)にはすごいですね。右投手に対して、もう少し練習が必要ですね。左には強いと証明できているので」

--0-3の六回1死。デスパイネのソロで流れをつかみたかった

「あれで流れがくるかなと思ったんですけど。相手もなかなか、打たせてくれなかった。九回ね、晃(中村)が打ってくれて。粘りを見せてくれたと思うし。あしたしっかり勝って、勝ち越しを決めるということですね。全部勝つのは難しいので」

  1. 「もううんざり」国連勤務の露外交官、侵攻批判し辞職

  2. 安倍元首相銃撃事件で注目「旧統一教会」桜田淳子の現在地 34歳で合同結婚式に出席、テレビや舞台から去り…女優の道は閉ざされた

  3. 〝プーチン暗殺〟米上院議員が呼びかけ 「あの男を殺すしかない」ニュースのインタビューで発言 露出身の実業家は懸賞金も

  4. NHK鈴木奈穂子アナ「あさイチ」ドタバタハプニングを視聴者フォロー「これぞ神回」

  5. 【衝撃事件の核心】屈強な「佐川男子」、暴力団員すら圧倒 世にも奇妙な恐喝未遂事件の一部始終