NY株続落、173ドル安 急速利上げで景気懸念

産経ニュース
ニューヨーク証券取引所のあるウォール街を示すサイン(ロイター)
ニューヨーク証券取引所のあるウォール街を示すサイン(ロイター)

連休明け6日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は続落し、前週末比173・14ドル安の3万1145・30ドルで取引を終えた。米連邦準備制度理事会(FRB)の急速な政策金利引き上げが景気後退を引き起こすことを懸念した売り注文が優勢となった。

朝方発表された米サプライ管理協会(ISM)の8月の非製造業景況調査で総合景況指数が市場予想を上回った。前週末発表の米雇用統計が堅調だったのも踏まえ、FRBの積極的な利上げが長期化するとの見方が拡大。米長期金利が上昇し、相対的に割高感が意識されたIT株が売られたことも相場を押し下げた。

ハイテク株主体のナスダック総合指数は7営業日続落し、85・95ポイント安の1万1544・91。

個別銘柄では、化学・事務用品の3M(スリーエム)や半導体のインテルの下落が目立った。クレジットカードのビザは買われた。(共同)

  1. NHK朝ドラ「ちむどんどん」ハワイで成功、3児の母…金吾(渡辺大知)と早苗(高田夏帆)の近況に視聴者興味津々も「賢吉は?」

  2. 残り2話!NHK朝ドラあすの「ちむどんどん」9月29日OA第124話あらすじ 歌子(上白石萌歌)の体調に異変が…

  3. NHK「ちむどんどん」草苅正雄、親子出演に朝ドラファン感動「迫真の演技」「マユちゃん大人になった」

  4. 立民・辻元氏は「ブーメランのプロ」 旧統一教会関連団体の勉強会参加、維新・馬場氏が苦言 国葬当日、党の公表に「卑劣なやり方」政治学者

  5. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗